« 仲直りやらやら | トップページ | 6年生のあの子は »

スクールをやっていると、毎日楽しいことがあります。面白いこと、嬉しいこと、楽しいこと、たくさんあります。同じように残念なこと、悲しいこと、悔しいこともあります。これはどんな職でも同じでしょうけど。

嬉しいことと悲しいことで、どっちが多いかと言えば、たぶん、嬉しいことの方が多いと思います。でも、悲しいことは、一つあるだけで、膜をひくようなこともあります。単発で起きることとかではそういうことはありませんが、たとえばある子がその空間に来れなくなるとか、そういう「これからずっと」というようなことは、膜をひきます。そして、その上にいくら楽しいことがたくさん起こっても、膜はなくならなくて、下にいつまでもあるような。

それぐらい、ソラの空間の中での、子供一人の存在は大きいのです。嬉しいことですけど、悲しいことにも・・・でも、やっぱり嬉しいことなんですよね、こういう子たちに出会えることは-と思うことにしています。

-でも、もっと力がほしいなって思います。全てを納得させる力。

そういう力があれば、悲しい思いをすることも、させることもないのに、と思います。

よく、自分に問いかけます。色んなことを。今朝も何か問いかけて、「だって、やりたいからやってるからなぁ」と答えました。この答えは色んな時に出てきます。

自分がやりたいからやっています。だから、評価はされなくてもいいのです。そう、いつもそう思っています。

でも、今日は、「全てを納得させる力がほしいな」って思っちゃいました。評価っていうのとはちょっと違うかもしれませんが。

それぐらいなんですよね、あそこに来ている子たちの大きさは。

大きいなぁ、子供たち。

|

« 仲直りやらやら | トップページ | 6年生のあの子は »

今日のsola」カテゴリの記事