« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

夏空終了!   次は冬空? 

昨日で夏空は全コース終了。

終了後、一般の方から「また冬もあるのですか?」「冬もおねがいします」との声を多数いただきました。通常コースへの参加をご希望の方も多かったですが、スケジュール的に普段は通えない方からは、本当に多くの「冬空希望」の声を頂きました。ありがとうございました。

今年の夏空でも、人気のコースはすぐに定員に達することがありましたが、例年、冬空はもっと早く定員に達してしまうので、今度はコースの増設などちょっと方法を考えたいと思います・・・考えられなかったらすみません・・・。通常スクールがまずあって、その上での冬空なので・・・・。

子供たちをもっと伸ばすにはどうしたら?? ? という発想から始まるのが冬空・夏空なのです。

ただ、あまりに多くのお声を頂いたので、なんとか冬も皆さんに楽しんでもらえるような企画を考えたいと思います。皆さん、お楽しみに。

|

けしかける

昨日のU-6クラスは・・・はじけてました。やっぱりやっぱり面白かったです。

ところで、昨日は、ある場面で、「あれっ?」と思うことがあったので、ある子に、「怒れ、怒れ!」とけしかけました。すると、「うんっ!」と怒って、ぶち返し。おぉ、できるぞ、けんか。(→→けんかというほどのものではないですけどね。)

片方の子が「よし、じゃあ、今度は蹴りっこね!」と言い、半分じゃれ合いで、でもこれは本気になるかな? という蹴りっこになったところで終りにさせました。

えぇ、けしかけなければぶち合いにはならなかったと思いますが、やっぱり怒った方が相手に伝わることもありますし。(→→怒らないから相手に伝わらなくて、相手の子が知るべきことを知れないのもいけないですし。)

ちなみに、こちらでけしかけても、「ケンカは絶対だめ」と言われている子は「ううん」とノー(ケンカはしない)の意思表示をします。また、全然なんとも思っていない子は「え?」という顔をします。そうじゃない場合は「このー!」となることもあります。

さて、そのじゃれ合いの蹴りっこになったときに、一人の子が2人の仲裁に入りました。

この子もつい前、冗談で蹴りっこをしていた子です。(→→あ、この時はけしかけていないですよ。)蹴りっこをして、この子は思ったことがあったのでしょう。小さいなりに。

あ、それから・・・いつもけしかけるわけではありませんから。

昨日の場合も、日頃からの情報収集の上でとった行動ですから。子供の気持ちをもてあそぶようなことはしません。子供に不要な傷を負わすことなどしません。意味なく子供を傷つけるようなことはしません。

逆に先にとめておくこともあります。

一応、これでももう何年もプロコーチとしてグランドに立っています。

時間の長さはべつに意味を持つとは思いませんが、でも、一日一日、どこのグランドにも負けない気で子供たと一緒に空気を吸い、心を使い、ここまできたつもりです。

なので、その時にグランドに流れているものを吸い込んだ上で発する自分の声、手の動き、言葉を私は信じることにしています。

その時その時で働きかけはかわります。

子供たちに、今日もなかなかいいものを見せてもらいました。ちなみに蹴りっこの時にはお互いに軽く手加減をしています。うん、なかなかだね。

ちなみにちなみに、この2人、その後は何もなかったかのようにいっしょに遊んでいますのでご安心を。

そういえば、さっきのテーマのタフっ子も、どうしても練習に来たかったのは、言い合いをした子とその後にサッカーをできたのが楽しかったから。

子供の時って、これですよね。

その後のU-9クラスでも・・・

一年生のある子とある子がじゃれ合いから転び、一人が泣きました。泣かせてしまった(といっても、どっちもどっち)子がその時に私のところに来ましたが、(成り行きは見てましたが)「コーチはいないと思って遊んでなよ」と。すると、謝りに行き、「ごめんなさい」。

泣いている子も、泣きながら「いいよ(許してあげる)」。

その後のゲームでも、この2人、どちらかがあきらめるともう一人が「あきらめるなよ」と言い、どちらかが声を出すともう一人が答える、どちらかが転ぶともう一人も転ぶ・・・という具合で仲良しぶりを発揮していました。(→→お前ら、兄弟か!?)

U-9クラス、はじけてましたね。

そんなU-9クラスの1年生グループには、一般の子が2人いました。さっきの仲良し2人組はスクールの子。こんな感じでハジけて楽しかった1年生グループ。

一般の子の2人とも、またスクールに来たいとのこと。子供たち2人とも「楽しいから行きたい」と言ってくれたようです。もちろん、都合が合えばですけど。ということは、やっぱりあの空間は楽しかったんですね。

子供の空間ですからね、楽しいですよね、きっと。

|

タフっ子

昨日、ある子のお母さんから「お休みの連絡」を頂きました。が、この子は「どうしても行きたい行きたい行きたい!」と言ってきかなかったようです。先週の練習がとても面白かったようです。だから、どうしても昨日も来たいと。

この子、先週、私にバッチリ注意をされていますが(叱られたと言う方が合っているかな?)なかなかタフっこですね。

昨日は、私も、この子が来たらこうしよう、ああしようと考えていたので、(先週の様子から、道筋が見えたので)お休みで残念でした。

お母さんも、子供の様子から、お休みを残念がっていました。

本当に残念。

でも、タフっ子はまた来るので。

ちょっと間があいてしまうので、またスタート地点には戻るかもしれませんが、繰り返し繰り返し、行ったり来たりする中で、必ず進んでいきます。

待ってるぞ、タフっ子!  

|

ザ・サッカー

昨日で夏空「木曜日コース」が終了。

U-9クラスの子は、昨日練習したワザはみんな得意になりましたね。

面白いのは、「ワザ×発展」です。

「ワザを使うぞと見せかけて使わない・・・いや、やっぱり使う~・・・なんちゃって使わない」なんてことの繰り返し。さすが子供。面白いです。

U-12クラスの子は、さすがに面白いゲームをしますね。昨日のゲームのプレーはグッド・グッド・グッド、グググドドドでした。

迫力あるし、工夫あるし、楽しんでいるし、見ていてすごく面白かったですね。

ボール奪取、ドリブル、パス、シュート、あれです、あれ。あんな感じでプレーできればいいですね。

U-12クラスでは、昨日は色々復習もしましたが、「自分でワザを考える」という練習メニューは、復習には入れませんでした。

すると、ある子が「えぇ!   絶対やりたいやりたいやりたい」と言ってきたのですが・・・。

そういえば、U-12クラスの練習で子供たちがとても喜んでやっていたのが「ワザを考える」練習でした。

「自分でやる」「自分で考える」この楽しさを一番わかってほしかったので、こういう子が出てきてよかったです。

さてさて、今日は金曜日コースの最終日。しかも2009年の夏空最終日。

まためいっぱい、めいっぱい、グランドに立ちます。

|

サッカーノート? 

一昨日の話ですが、この夏に練習したことをボードに書き説明をした後の休憩時・・・

ある子が「ぜんぶ覚えていたよ」というので、「すごいじゃん!」と言うと、「だって、コーチの言ったこと、全部ノートに書いてるもん」と。

あらぁ、なんて素直な!  (こんな素直な子、ソラっ子にいたっけな? ・・・いやいや、こりゃ随分失礼な言い方で失礼しました。が、U-12のお調子者軍団め・・・なんて思うこともあるので・・・まぁ、いろんな子が来ているから超楽しいのですが。)

この子、サッカーノートに書いているのかな? 日記に書いているのかな? 

最近始めたばかりのサッカーで、こんだけ伸びているのはこういう理由かな? 

みんな、自分なりに努力をしてくれたらと思います。もちろん、良いことはどんどん取り入れて。ノートに書く子も、書かない子もいていいと思います。いろんなやり方があります。でも、この子が、「上手になろう」と思って努力していることがすごく嬉しかったです。この子にはこういうやり方が合っているのかな? どんどん上手になっているし。良かったね。

この子、このノートの話をする前に、「もしかしたら2人抜けるワザも考えてきたんだ」と言っていました。「うぉー、見せて!!」と言ったら、恥ずかしがって見せてくれませんでしたが、いろんなこと考えて、いろんなこと練習しているんです。はずかしがりながらも「基本的なことでもいいの?」と聞いてきましたが、考え付くワザやプレーがすべてミラクルだなんて限らない。べつに派手でなくてもいいのです。

「基本」が素晴らしい、基本の良さを生かすことが素晴らしい、そういうこともある意味ミラクル級のすごさ、楽しさなんです。自分で考えたなら、それはもうミラクルワザです。

この子はサッカーの楽しみ方、わかっていますね。これからも楽しめ楽しめ!  

|

ふざけ小僧の優しさ

超がんばるタイプの5年生の子が、ある練習でうまくできないでいると、小さな声でさりげなく「おい、こうだよ」と声をかけ、その子にわかりやすいように練習をして見せる6年生。この6年生は超おふざけ&お調子BOY。でも、こういう優しさがあります。誰かが嫌な思いをしている時には、必ず気にとめている。・・・まぁ、これは、今朝見た練習風景の夢なんですけどね。あまりに自然で夢のような感覚ではなく。夢のような感覚ではなく、起きた後もやっぱり嬉しく。

2学期の練習でも、こういう風景はたくさん見れることでしょう。楽しみ楽しみ。

さて、昨日は水曜日コースが終了。

U-6クラスの子は練習前からはじけっぱなしの子も多く、なかなか元気なクラスでした。ゲーム中も、なにかのヒーローになりきったり、変身のポーズをとったりして。いやぁ、面白い子たちでした。夏休み中は練習開始まで時間に余裕があるので、4時過ぎくらいに来て遊び始める子もいましたが、10分でも20分でも、練習が始まるまで、止まらずに遊び続ける・・・普段のスクールではここまでの時間がないので、私もたくさん遊べて面白かったです。

U-12クラスもちゃんとサッカーを楽しみ終了。いいプレーやいい動きがたくさんありました。練習の楽しみ方も、なかなかGOOD。さすがさすがのU-12クラスでした。昨日のゲームでは6年生のプレーを見ましたが、本当に動きに制約のない、みんなが動きまくる、プレーしまくるサッカーは見ていて面白いですね。3対3、4対4のゲーム。小さなコートで、コーンでできたゴール。それでも、見ていて、本当に面白い。見ていてこれだけ楽しいのだから、子供たちも楽しんでいることだと思います。

子供たちが楽しんでいないプレーやゲームを見るのって、やっぱりつまらないですから。

昨日はなかなかGOOOOOOOOOOOODでした。

水曜日コースも大きなケガはなく、終了。

よーし!   今日は木曜日コース最終日。

また楽しみます!  

|

夏空「火曜日コース」終了!  

昨日書いたUー6クラスの修了証は、結局ぺんで書き描き。だって、えんぴつで何度書いても「ミミズがはうか走るか」の違いだけだったから・・・。ぺんで書きました。

さて・・・、昨日で夏空の火曜日コースは終了。

大きなケガもなく、楽しく終了。

普通、最終日はバタバタしてしまうものですが、昨日はバタバタもせず、ほどよくいつものように終了。

3年生のゲームでは、途中、子供たちが「言い合い」(半分、口ゲンカ・・・)をずっとしている姿を見て、雰囲気的には決して「すごくいい」とは言えなくても、「こんだけずっと口ゲンカできるのも、ある意味いいよな、すごいよな」と思いました。

そういう友達とのやり取りが面倒になったり嫌になって、友達と関わるより他のことに関わるようになることもあるのだろうから。

なんだかんだで、ずっと昨日見たいな感じで関わり続けられることは、口ゲンカでもいいかな、なんて思ったりしました。ピコピコ人形を操るゲームばかりで遊んでいては、こういう生の反応を感じられないですもんね。

さてさてさて、今日。今日はどんな感じになるのかな? 

とりあえず朝はボーっとしていて、引き出し引っ張ったら本に襲われ・・・足にダイビングしやがった!  表紙の選手め、もう応援しないからな!  (笑顔で写っている・・・くそ~)

そして、カレーをパンに乗せて食べてたら途中でパンが折れ、カレーがシャツにダイビングして・・・。ついていない・・・。

その分、きっとスクール中には楽しいことが起きるのでしょう。

楽しみにしようっと。

|

鉛筆

U-6クラスの修了証は鉛筆で書こうかな、と思いました。失敗しちゃいそうだから。

で、思い出したんだすけど、夏空のU-9クラスのテーマ。

そうそう、鉛筆で書けば、失敗したら消しゴムで何度でも消せて、何度でも書けるんですよね。書いては消して、描いては消して。気に入ったものができるまで、何度でも。大人になってからはボールペンとかで書くことが多くなっていましたが、そう言えば、鉛筆の良さはこんなところにもあったんですね。

小さい時に何気なく使っていた鉛筆って、実はすごいことを体にためてくれているのかな? 

|

いよいよ最終週

明日から、夏空はついに最終週。

毎度毎度の「修了レター」も配布します。(→→短期集中コースのみに参加した子には改めて郵送するからね~。)

修了証、書いてま~す。ということで、ペンダコ君が一人。かと思ったら親指の腹にも「ちょいずれイタろう」が一匹・・・。

なので、思うように書けません。ペンを持つと痛くて、2~3分おきにちょいっと手を休めないとだめで。

もともと汚い字が、さらに力ない姿に・・・なんてことを気にするキャラではなく、遠慮なく、読みにくく、よわよわしい字で書いていま~す。

もらったら、読みにくくても読んでね、子供たち。

そして、参加した子の保護者の方宛てには・・・受け取った方がうっとうしく感じるであろう夏空通信を書いています・・・・。

みんなに迷惑をかけるのが大好きなコーチなのです、すみません。

通常のスクールに関するお問い合わせを頂いた方にも、明日から通信と一緒に通常のスクールのご案内をお渡ししますので、よろしくどうぞ!  

|

なかなか帰らぬ子

夏空中は、1クラス目と2クラス目の間の空き時間が普段より5分長いので、練習後や練習前に子供たちとちょっと話とかをできてなかなか楽しいです。

今日は、U-6クラス後に、「帰ったかな?」という子が再登場。入口付近まで戻ってきて、色々お話をしてくれました。途中からワザを出し始め、とんでもない名前をワザにつけては盛り上がっていました。そして、必ず最後は「ドテッ」と尻もちをつき、そこで、みんなが大爆笑。これがお前のオチのパターンか・・・なかなかいい感じじゃないか!  (ジェラシー)

そして、最近よく見る中2の子。この子も遊びにきてはほどよくじゃれて帰っていきま・・・せん。帰るフリして帰らない。

佐藤コーチが色々準備をしているそばで、私が何やらゴソゴソやっていると、いっちょ前に「おい、働け!」と私に注意をします。バカモノ、俺だってちゃんと見えないところで働いているのだ(本当かな~?? ?)。

ずっとこんな感じです。よくも飽きもせず・・・と感心するくらいに、ずっといます。

こんな場になったらいいな、そんな場に、少しずつなりつつあります。

嬉しいです。

|

冬空ですかー!  

U-6クラスの終了後、今日も「冬」空のお問い合わせを頂きました。ありがとうございます・・・。でもまだ夏ですが・・・。もうすぐ冬ですもんね。んー、やっぱりまだまだかな? 

子供たちが楽しんでくれているようで、嬉しいです、まだ夏ですけど・・・。冬空へのプレッシャーが・・・・・なんて繊細な心を持ってたっけな?? ?  持ってないや。楽しみだ、冬空!  みなさんも楽しみにしていて下さいね。

「喜んでもらえて良かった」と思った後のU-9クラスでは・・・どうもデモンストレーションがチグハグで・・・ここまでのことは一年ぶりくらいかな・・・かなり反省です。原因はあそこか? それともあれか? と帰りの車内はしつこいくらいに原因究明。

来週で夏空は終りです。こんなことのないように、頑張ります。頑張るだけではダメなのもわかっています。どこを、どうするのか、しっかり考えて頑張ります。

あ、あと、通常のスクールのお問い合わせも多く頂いていますが、来週、お渡しするものの中にご案内も同封いたしますので、少々お待ちを~。

冬にもたくさんの笑顔を見れますように!  

|

サッカー好きな子、挑戦する子

昨日のU-12クラスのゲーム。

相手との間合いを完全につかんだ子を発見!  

やった、やりました。この間合いをつかむことができれば、サッカーはこれまでの何倍も楽しくなります。

この子は少し前にソラにやってきたばかりで、特にチームなどには入っていないかと思いますので、まだまだ経験は短いですけど、やっぱり子供の吸収力はすごいですね。あの相手との間合いの取り方と、相手が奪いに来た時のかわし方はなかなかいいです。

まだ自分より上手な子がたくさんいる状況でも、楽しそうにボールを追いかけて、ドリブルなども挑戦して、そういう生きた経験から、もっとも大切な「間合い」をつかんだのでしょう。

短期集中コースでもかなり勇気を出していて、成長した子。

この夏の大成長、おめでとう!  

それからU-9クラスでも、大成長の子、発見。

強くなってるー!   ボール取りに行って転んでるー!   でも、笑って立ってるー!  

そしてそして、シュート決めてるー!   しかも、その決め方が「ルムメニゲー!」(かつての名プレーヤー)

かっちょいいじゃんかよ!   よよよよよ!  

うぉーい、大成長だ!!!!  

もちろん、他の子も成長しているよ~。

|

はじけろ!  

今週のU-12クラスのテーマは「自分でワザを考える楽しさ」を知ろうです。

結構、みんなこの練習が楽しいようで、盛り上がっているのですが、

「もっともっとハジけていいぞー!」と思います。

何をやってもいいのです。当たり前の抜き方ばかりでなく、「なんじゃそりゃ?!」でいいのです。

「マンガみたいなことをたくさん考えて、やってみる」これでいいのです。

昨日は途中からハジケル子が・・・。

「なんじゃそりゃ?!」です。素晴らしい。昨日はその子が「チャンピオーン!」。

あ、試合では使えないワザですけどね、ちょっと工夫すれば試合でも使えるかもしれないし、ちょっとした場面ではそれに似た動きも出てくることでしょう。

今日もやります。

はじけろ、はじけろ!  

ところでところで、こういうメニューの時には、リラックスと集中との関係がちょっと難しく、ダラーんとしながらも、毛先でいろいろ感じながら練習は進めます。

本当のダラーんだとケガが起きますので、リラックスなのか、ダラーんなのか、注意をしてみないと。雰囲気作りにはいつもより気を使います。

後半戦も突入して今日で3日目。

最後までケガなしで行くことも大切なこと。せっかく来たのだから、全部参加してうまくなれ、成長してくれ!  と思います。

もちろん、真剣勝負の中、防げないケガもおきることはあります。でも、だからといって、「ケガをしないように」と強度を下げたり、接触を避けたりして練習していたら、その練習内ではケガをしないかもしれませんが、(実際の場で必要な力をつけられるわけではないので)実践でケガをすることになります。

そういうことにならないように。バランスが難しいかもしれませんが、でも、雰囲気作りで防げるケガもあるのです。

子供たちは、ものすごくリラックスしていることもあるし、ものすごく白熱していることもあります。それでもケガをすることはほとんどありません。

最後まで、これで行けますように。

みんなが成長して、夏空ゴールできますように。

|

冬空・・・・

今日の練習後、「冬休みもこういうスクールあるのですか?」と聞かれました。

ありがとうございます!   やる予定です!   予定ですが、まずやると思います。

子供の様子を「お陰さまで・・・」とお話し下さりましたが、こちらこそ、お陰さまで、楽しい思いをさせていただいています。

ちょこんと登場した子が、どんどん元気になっていく姿は、見ていて本当に楽しいし、嬉しいし、面白いし、気持ちいいし・・・もう、言葉がいくらあっても足りないくらいの「・・・・・!!!!」なんですもん。

冬にはもっと「・・・・!!!!  ・・・!!!」になっているでしょうね。

冬空、私も楽しみにしています。あっという間にやってくるでしょうね。

・・・・さてさて、夏空はいよいよ今日から後半戦に突入。

行きますよ~!  

|

寄り道・近道・抜け道・・・

子供のころの登下校、皆さん覚えてます? 
たまに、近道したり、抜け道を探したりしませんでしたか? 
近道にはちょっとした危険がつきもので、例えば、誰かの家の壁を通ったり、“一瞬”お庭を通ったり・・・。そんな時に、いきなり窓が開いたりして!  
「こらっ!」と怒鳴られ、「ひゃーっ!」と逃げる・・・。
「今日は新しい近道を探すぞ!」と探検気分で進んで行ったら犬が寝ていて、「ウソ!」と。驚きながらも、「今なら通れる」と思って目の前をそぉっと通り・・・案の定、DOG'S EYEが「パチッ」と開き、「え!?」と思った瞬間にはもう「ワンワンワンワン!!!!」。「やべーっ!」と安全地帯まで逃げる・・・。
うまく行かなかった時には、「お前があそこで音をたてたからだぞ」「ちがうよ、お前が遅すぎるんだよ」とか言いあいをしたりして。
そんな中から次の作戦を立てて。

どこかの穴をくぐる時にはランドセルが邪魔になったりして、先にランドセルを投げて越させたり。結構みんな工夫してましたよね。
危険な目に遭うことはお薦めできませんが、これぐらいのことが私にとってはちょうどいい「冒険」でしたね。いい遊びと言えば、いい遊びでしたね。

ちょっと、道を見て、思い出したりしたもので・・・。

|

子供の歩くはやさ

道を歩く子を見て思ったこと・・・
車を運転していると、向こう側から子供が二人、歩いてきます。
進む速さは・・・・おそい・・・いやいや、これが子供の速さなんだ。
この速さだから、色んなものを見ながら、色んなものを見つけながら進めるんだ。
同じ道を何回通っても、毎回新しいものをどこかで見つけられるんだ。
何度も何度も、ゆっくり通って、その道にある全てを吸収するんだ、発見するんだ。

友達との話も、気持ちの揺れも、気持ちの動きも、心の動きも、たくさんお互いに感じながら進めるんだ。
これが、子供の速さなんだ。
なぁんて思ったりしました。
早すぎること、速すぎることが、今たくさんありますもんね。
子供たちよ、せめて、近所の道くらいは、君らのはやさで歩きなね。

|

公園

最近の練習開始前の子供たちの様子で、「いいなぁ」と思うこと。

違う学校や違う学年の子、そして、おそらく「最近初めて会ったんじゃないの?」という子同士で、自然に遊び始めていること。

昨日も、今まで接点のなかった2年生の子と3年生の子がボール当て(守備と攻撃)で遊び始めたり、これまでほとんど遊んだことのなかった3年生の子同士でシュート合戦をしたり、サッカー経験のまったく違う4年生と5年生の子で、ニコニコしながら練習を始めたり(この2人は先週から急接近!)。

こんな場がたくさん増えますように。

公園みたいで、なんかいいんです。

|

中間地点

今日、明日の練習が終わると、夏空の2週目が終わります。そして、ちょっとお休みして、来週から3週目。今、ちょうど中間地点です。

今年の夏空にも初参加の子が多くいます。緊張気味の子もたくさん。でも練習の終り頃には笑顔を見せています。そんな子供の様子を見て、「来てよかった」「行かせてよかった」と保護者の方からも言って頂くことが多くありました。

また、毎年参加してくれる子、送り出して下さる方もたくさんいます。複数のコースに参加する子、送り出してくれる方も、たくさんいます。

子供たち、皆さんに大感謝です。

さて、今年の夏空はどんなものになるのか。そして、夏空後の子供たちの成長はどんなものになるのか。

後半戦突入の前にいろいろと考えることがあります。考えるべきことがあります。

意味のあるものに、確かな一歩になるように、全力で行きます!  

|

プ、プラティニ・・・?!  

子供たちに、「ねぇ、子供の時に好きだった選手だぁれ?」とたまに聞かれます。3人くらい選手名を挙げますが、そのうちの一人が、プラティニというフランス代表だった選手。かっこ良かったんですよぉ。その選手が出場した大会の本とか買って、よく見てました。シュートが外れて悔しがる時に、グランドに膝をついた状態で芝を叩くところとか、かっちょいい写真もたくさん頭に入っています。

さてさて、昨日のU-6クラス。練習前、ある子が私にボールをぶつけようと、私に気づかれないようにそうっと背後に来ました。振り向いた瞬間に、「わぁっ!」と驚く私と、それを見て満足そうなその子。

そこに膝をつき、お腹をかかえて、コートをバンバン叩いて・・・・お、おぉ!   プラティニだ!  

「あぁ、今のおもしろかった・・・・・」と小さなプラティニ君。

そのあとも、数歩歩いてまたガクッと膝をついて、コートをバンバン叩いて「あぁ、さっき、おもしろかったぁ~」と。

こんなプラティニ君もいいですね。

そして、休憩中にゴールのネットによじのぼるプラティニ君・・・。その上に、ボールの束が乗っかっていたのですが、そこに行きたかったのかな。登頂を目指し・・・。でも、だめー、捕獲しました。

かわいいし、子供らしいし、見ていたいけど、ここではダメ。足が引っ掛かって落ちたら頭から落ちちゃいます。ネットだと足が引っ掛かることは十分に起こりうること。そんなことが起きたら大変です。また、ここのゴールは重りで固定していますが、ほかの施設などでは固定されていないこともありますからね。「ゴールに登っちゃだめ」と言います。

注意はしますが・・・なかなか子供らしくていいですね。だからこそ、本人の気付かぬ危険なことには注意はしますけどね。

かわいいプラティニ君でした。

・・・あ、昨日の私の声、ちょっと変でしたが、風邪などではないのでご安心を。一昨日の午前のスクールでちょっとシャウトしたもので。昨日はたまに声が通らず残念でした。今日は・・・ガラガラですが、来週にはもう戻っていると思いますので、またシャウトしま~す。

|

ダイヤモンド

小さな子に、小さな本物のダイヤモンドと、ガラスでできた大きな偽物のダイヤモンドを見せたら、どっちをほしがるでしょうね。

きっと大きなガラスのダイヤだと思いませんか?  いちいち実験なんかしないですけど、きっとそうでしょう。まぁ、そうでないとしても、ガラスも決して負けることはないでしょう。

これが子供の「カッコイイ」「キレイ」。大人の知識から生まれる価値観とは違います。

小さな子に何を教えればいいでしょう? ・・・よく聞かれることがありますが、練習の内容も、このガラスのダイヤでいいのではないでしょうか。

「偽物を教えちゃダメだろう」と思われるかもしれませんけどね、決して偽物ではありません。キレイですもん。

大きなガラスのダイヤ。子供はきっとずっと見つめるでしょう。ポケットに入れるでしょう。部屋に飾るでしょう。絵を描くかもしれません。友達にも見せるでしょう。そう、興味を持つから、いろんなことを吸収するのです。

子供にあっているもの、適当なものならいいのです。

もちろん、子供が病気やケガをしたら薬を必要とするように、時には大人の知識から大人的なものを渡すこともありますが。

それでも基本は子供に合っているものです。

・・・って書きながら・・・・でも、これが難しいんですよね~。

|

度・怒・ど・努

昨日で午前開催の「短期集中コース」は終了。

3日間、みんなよく頑張りましたね。本当によく頑張ったと思います。詳しくはレポートで。・・・と詳しいレポートを書く余裕はなく・・・・まだ夏空中なので!  

たまごの絵を描かせましたが、二つ描かせるのをやめて一つにしました。二つだからこその、伝えたいこともあったのですが、難しいと思ったので、一つに。でも、その一つのたまごから、二つで伝えようと思ったことを導き出した子もいたりして。やっぱり、子供ってすごいし面白い。・・・なんのことだか、読んでいる人にはさっぱりわからないですよね。すみません。詳しくはこちらで・・・というリンクなどを用意できる余裕はなく・・・すみません。まだ夏空中なので・・・。

昨日はちょっくら熱くなったかな(度)・・・でもって「怒」。そして、そんな短期集中と午後のコースが終わって疲れがどっ・・・でも、もう復活。今日もバシッと努力続けていきます!  

どどどどどー!  

|

無戦術・団子発

小学2年生くらいまで、あるチームで教えていた子の親御さんから、電話を頂きました。現所属チームで今、全日本のベスト4まで来たそうで。

教えていたのはもう何年も前になりますが、今のその子の原点とかお世辞にも嬉しいお言葉を頂き・・・、(えぇ、お世辞なのはわかっていますよ、でも嬉しいんだからいいでしょ)チームでも活躍しているようで嬉しくなりました。

今日、準決勝ですね。私は観に行けませんが(夏空で奮闘します!)、昔ながらのナイスプレーを期待しています。

ところでところで、私が教えていたころは、対外試合などほとんどせず・・・。多い時で、あっても月に1日、2日じゃないかな?  どうしてもやらなくてはならない時はやってましたが、それでもほとんどしませんでした。試合がまったくない月も結構ありましたね。(→→本当にほとんどしなかったので。)だって、遠くに行って、ちょっとだけボールを蹴ってくるよりも、身内でもミニゲームをやってれば、どんどんうまくなりますし。

もちろん、公式戦でも練習試合でも、「ポジションなんて全く決めず」(教えたことがない)、「レギュラーとサブなんてくくりもなく」(この年代、プレーの機会を一人一人に与えるのが当たり前ですから)、しかも、簡単に点を入れちゃいそうなプレーなどさせず、相手ゴールそばでの待ち伏せや自陣ゴール前での“守備に備え”なんぞさせず、ただボールを蹴ってこーいと。ドリブルでとことん抜いてみろ~と。

こんな感じだったので見ていて面白かったですね。子供子供、子供のプレー。大人の「当たり前」の何倍も面白い「なんじゃそりゃプレー」。面白いプレーがたくさん見れるので、身内のミニゲームが最高に面白かったんです。別にメダルなんていらないし。子供もメダルもらう楽しさよりボールを追う楽しさの方が楽しかったと思いますし。

私はわけありでそのチームから離れましたが、(その後、その子も離れたようですが)無戦術サッカー、団子サッカーからの成長ぶりをしっかり見せてくれてありがとう~。

ベスト4まで来るのは、「育成」を考えているチームであればちょっと大変なこともあるかと思いますが、よくぞ来てくれました。

応援してま~す。

|

短期集中

今日は暑いですね。とりあえず、午前のコース二日目終了。
暑い暑い…ふと、何年も前の、前々所属先での夏キャンプを思い出しました。地方でのサッカーのキャンプ。
地元のスタッフと協力して、その地域の子供たちにサッカーを教えます。
一回一回のキャンプは短期間です。スタッフの方と協力する、協力できるのも短期間。
この短期間の日程中に必ずある地元の方との懇親会やスタッフ同士の食事会。
ここでよくあったのが、海外からゲスト参加してるコーチが「これやろう」と言ってやる単純なゲーム。あまりに単純すぎて、大人として戸惑ってしまったり、周囲の目を気にしてハジケルことができないでいると、ゲームは楽しめません。が、安心。どんなに戸惑っていたり、周囲の目を気にしていても、容赦なく指名され、自分の番が来るのです。あとはここで「自分でやってしまう」かどうか。
このゲーム、やっぱり意味があるんですよね。
やった後と前では打ち解け方がまるで違う。
地元の方とも、スタッフ同士も、お互いに自然にコミュニケーションがとれる間柄になっちゃうんです。一人一人、適当に照れなんかを吹き飛ばしたりしないといけないので、みんながちょっと上に行くんですよね。そういう経験をみんなでするからまた、連帯感も強くなるんですよね。
さっすが、ゲストコーチ。
短期間で子供を伸ばすのですから、一人一人が力を出せる状態、チームとしても力を出せる状態にしないといけません。
あの頃はわからなかったですけど、ゲーム、楽しんでよかったなって思います。

|

準備開始

朝起き、昨晩洗濯した似合わぬハーフパンツ(長さが中途半端でお気に入り:私がはくと似合わない)と長いパンツ、その他諸々を車の窓に挟み(乾燥させつつ行きます。今日使いま〜す)…やっぱりついでに指も挟み(朝は頭が働かず…)、車に乗り込みエンジンかけたところでメガネを忘れたことに気付き取りに戻り、また運転席についたところで、「あ、着替えてない」…。バタバタで出発。なんかツイてないぞ、今日。
でも予定より早く到着〜。準備開始まで少し時間があるので、目を閉じて…心地よく一休みしちゃおうかなぁと思ったんですが…頭がギラギラしてダメ…。そう、午前の戦いコースモードの頭なので目を閉じてもなかなか…興奮状態です。
でも数分ウトウトできると気持ちいいじゃないですか。なのでしつこくまぶたを閉じ…やっとウトウトしはじめたところで、隣に車の止まる音が。ウトウト終了。ちょうど準備開始の時間です。
なかなか良いタイミングです!  
運を味方につけました。
さあ来い、短期集中!  

|

なかなかやるね・・・

そういえば、今日は天気がもっと崩れると思っていたのですが・・・練習のかなり前に「霧×数分」のみ!  

誰だ誰だ?  晴れ男は。今日来た生意気Boys・おちゃめBoysの中に、きっと晴れ男がいるのだ。誰だ?? ?  それとも今日誕生日だった子かな? 

今日は午前中雨だと思って、ハーフパンツでやりました。おひさまが出ないかな? なんて思って。いつも長いやつしかはいていないので、ちょっと違和感あったようで、失礼しました。

午前と午後のどっちの日光君を避けたいかと言えば、やっぱり午後ですからね。貴重な長いパンツは午後に回したのです。

午後も天気良かったですからね・・・良かった良かった。

そして、そして、こんなどうでもいいことは置いておいて・・・

またまたありました。「ソラで偶然バッタリ」の巻。

引っ越しなどで会えなくなった子が、ソラで偶然の再会を果たすとか、結構あるんですよね。友達の友達で、「え? え? なんで知り合いなの?」とか「え? え? なんでここにいるの?」とか、あるんで~す。

なかなか面白いので~す。

|

なかなかやるね、4年生

今日の午前の短期集中コース。

やりましたねぇ、4年生の子たち。なかなかです。でもまだ明日、さらに試練を与えます。乗り越えられるかな? 

そして、午後のU-9クラス。

同じ名前の子が2人いて、どう呼ぶのかな? と思ってたら、服の色で区別したり、1号・2号と呼んだり。まだまだやり方はあるぞよ。

他の場面では「言い合い×数ペア」など。そうそう、子供たちで色々できる。色々やりたまえ。

U-12クラスもまた色々ありましたが・・・

こんな夏空が私は大好きです。空間。予想とかを平気で裏切る、本当の世界。

子供だろ、お前たち。子供の空間でいいじゃないか。

|

明日は戦います!  

明日は午前中から夏空「短期集中」コースがあります。

この時期、午前中と言っても気温は低くはないので、子供たちのテンションはどんなもんだろうかなぁ・・・。しかも、ちょいっと勝負しちゃうしなぁ・・・。戦いだ、戦いだ。まぁ、明日は初日なので、そこまでの戦いはないですけどね。(→→ちなみに今日は、佐藤コーチが段ボールと戦っていたはずです。なんででしょう?)

そして、午後にはU-9とU-12クラスの「初」火曜日コースだ!  

夏空が始まってから日にちがたっているのに、日程の関係で明日が初めての火曜日コース。水曜日コースの子には明日もまだ会えない。なんか不思議な感じですね~。みんな元気なんだろか。

さてさて明日、しばらくぶりに会う子も・・・。ちょっとドキドキワクワクの興奮状態です。

おまけに午前と午後ではまったくやること(求めること)が違うので私の頭がついてこれるかどうか・・・ま、佐藤コーチもいるし、大丈夫でしょう。

今日は早く寝て明日に備えま~す!  

***今日、ふと思ったこと。

ジーパン(←年代的にこう呼びます)とか、普通のシャツとかでサッカーをやるコースも作ったら面白かったような気がしてます。色んな格好で子供たちがボールを追いかけているのを見るのが好きなので。ジーパンって、結構、いいんですよ。ちょっとだけ動きにくいですけどね。スライディングしても飛び込んでも擦り切れるのはジーパンだし(おまけに“味”が出るし)。だから、プレーが結構ダイナミックにもなるんですよね。そういえば、どこかの話で、「外国は芝生のグランドが多いからスライディングしても痛くない。だからスライディングがうまい」みたいな話を聞いたことがあるような(ないような?)気がしますが、(それが本当かどうかはともかく)同じような効果ですね、ジーパンも。

シューズも、色んなシューズだと結構面白いんですよね。テニスシューズはトゥキックがやりやすかったり(コントロールが不安定なはずのトゥキックが正確にできたりして!)、正確に蹴れるはずのインサイドキックが「あれ、なんでこんな方向にボールが飛ぶんだ?」なんて急にやりにくくなったり、ボールを浮かしにくかったり、でも異常によくボールが飛んだり・・・。

シャツだって、普通のシャツでトラップしたら、ボールの5角形と6角形の図柄がくっきり胸に付いたりして・・・。「見て見て、ここにサッカーボールが!」とか、「ああ!  俺って胸トラ(胸のトラップ)うまい!」とかね。

お、なんかとんでもない方に話が行ってますね・・・。

明日、頑張ります!  

|

クリーンアップ

何か、スッと考えが出てこない・・・まぁ、もともと、メニュー作りなどでは考えがスッとは出てこないことが多いですが、それにしても、「うぅ・・・」となることが多いな・・・考えを整理しているつもりでも、いつの間にか頭がごちゃごちゃになっているかもしれないな・・・ということで、ちょっとスッキリさせてみようと。

ということで、先週の金曜日の行き帰り、あるCDをずっと聴いてました。15~20年くらい前に、ただ聴きたくて、楽しいだけの気持ちで聴いていたCDを、まさか今、こんな気持ちで聴くとは思いませんでしたが、心をすっきりさせたり、頭の中の必要なものといらないものを区別したり、思いを新たにしたりするのには最適でした。歌詞がどうとかいうのではないのですが。CDにまつわることも色んなこともひっくるめて、利いたのです。今日もしつこく聴いたりして。

おかげで今日、夏空の短期集中コースのメニューを、ズバーっと考えることができました。先週の木曜日までにすでにある程度作っていたものをすべてこわして作り直しちゃいました。木曜日の時点では、その流れだとどこかしっくりこなくて、でも、どこがしっくりこないのかわからず・・・という感じで止まっていたのですが。それが、今日、しっくりいかなかった部分がわかったので。やっぱりコーチなので行かないとね!  

シンプルなメニューなのですが、これで行きます。

・・・短期集中・・・結構、勝負かな・・・・。でも、来る子をイメージして、やっぱりこれだよなって思ったから。今の頭で考えたものだから。ちょっと勝負ですが、成功を信じます。

|

ところで「ヤダーボーイ」は・・・

前に書いた、電話口の向こうで(夏空に行くの)「ヤダよー!  行かないよー!」と言っていた子が、金曜日に来ました。

ははは、ちょっと照れ屋さんかな? 

でも、すっとコートに入り、そっと見てたら、他の子とボールを蹴り始めました。名前も学校も知らない子と。たぶん、目があって、子供の雰囲気で、遊びがスタート、ボールの蹴り合いがスタートしたのでしょう。

2人で遊んでましたが、こういうの大好きです。

そうだよ、ここは君が遊びに来た公園だよ。知らない子とだって、気づいたら遊んでいる公園。

「ヤダー」じゃわからないこと、いっぱいあるでしょう? 

知らない友達、たくさんいるんだぞ。面白いこと、たくさんあるんだぞ。

まだまだたくさん、君の知らない楽しいこと、あるんだぞ。

|

お手製「黒ひげ」

そういえば、昨日、子供たちと遊んでいる時に前から考えていたお手製「黒ひげ」をやっちゃいました。Yubihige

←これで~す。

指の間にテキトーに刺してもらい、私が勝手に

飛ばすかどうか決めるという・・・。

「おー、セーフ」とか「ドーン!」とか言ってね。

これでも「しっぺ」とかの罰ゲームを決めてやるとちょっとは楽しめるのです。

どうですか?  お手製「黒ひげ」。

先ほど、「問いかけ」で偉そうなこと言ってますが、私はいつもこんなことぐらいしか考えていませ~ん。

まぁ、昨日はこれがちょっとウケたのですが、もしウケなかった時に、誰かに「なんでウケなかったと思う?」と言われたら、「ちょっと合わなかったんじゃないの?」ときっと答え、「じゃあ、どうすれば良かったと思う?」とか言われたら、「べつに、本能でやっただけだから」と答えるでしょう。さらに、「後悔していませんが、何か?」と言うでしょう。 そう、本能ですから、理由なんてないのです。そのかわり、本能でやったことは、あとでちゃんと頭に刻まれ、「ちぇっ、言い方まずかったかな?  タイミングかな?」など、ちゃんと必要な深さで考えます。あ、もちろん、考えない可能性も大ですが。それほど大切なことでなければね。

・・・・あ、そうそう、べつに「問いかけ」を否定しているわけではありませんからね。私もすることあると書きましたし、他の人に勧めることもありますから。

実際、「問いかけ」にもいくつものバリエーションがありますし、「問いかけ」自体、元のものからのバリエーションの一片にすぎないものかもしれませんし。

ただ、自分でやるのがキライなだけでーす。(→→なんて自分勝手な・・・。)

|

問いかけ

最近流行りの、コーチングの時の‘問いかけ’という形の働きかけ(何年も前から流行ってますね)…私は結構キライです。
子供が失敗した時とかに「なんでそうなったのかな?」「そうしないためにはどうすれば良かったのかな?」と聞いていくような。子供が自ら考えて、答えを見つけていく手助けをする(? )、自主的に考える、論理的に考えるようにさせるために用いることが多いと思いますが…。そしてその時に大切なのは、コーチが、子供が自ら答えを見つけられるように「誘導」することだったりして…。
私もこうした方がいいと思う時は問いかけをすることがありますが、意味合いとしては違う理由で使います。
うまく誘導できてニンマリした自分がいたらパンチをくれましょう。もちろん、問いかけをするコーチが、うまく誘導できてニンマリするなんてことはないでしょうけど(←自分のためでなく子供のためにやっている方たちでしょうから)、誘導っぽくしていくのが…。
初めからハシゴを渡すことなく、上らねばならない状況にしたら、なんとか上ろうとする子、結構多いですからね。力ある子も。
問いかけも、たくさんの方法の中の一つにすぎず。
大前提は子供を伸ばそうと思うこと、子供の力を信じること、そして、子供を見ること、ですよね。

|

広がらないだと? 

昨日はU−6クラスとU−9クラスの後に、お母さん向けのサッカー教室もありました。

一昨日の一日目への準備と力みと悔しさからの凹み、それを跳ね返すための昨日のU−6クラスとU−9クラスで、お母さんのサッカー教室の頃には私のエネルギーはもうなくなっていました。なので、お母さんのサッカー教室の時は、一緒に来ていた子供たちと楽しく遊ばせてもらい、生意気な中学生(もちろんソラっ子)も来ていたので生意気な会話を交わし、ほどよくすごさせてもらいました。(→→お母さんのサッカー教室の担当は佐藤コーチですから。)

そして、今日はもう、グターッと休ませてもらいました。

あ、そうは言っても事務作業はしていますよ〜。(本当の働き者ならしない、働き者アピール!  ) そして、目薬タイムでちょっと休憩〜ということで、目をとじて横になっていたら、テレビから「夏空が広がらないもようで・・・」との声が。えぇ、天気予報のことです。もうちょっと休もうと思っていたのですが・・・。

やっぱり「夏空が広がらない」・・・「広がらない」・・・なんだとぉ!  と腹が立ち、またムクッと起きてきたのでありました。

夏空ー!!!!  

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »