« そういうことか | トップページ | ネバギバ »

中学生と先生と友達

「U-15クラスのヤツらめ、あいさつもろくにせんっ!」と思いながらも、まぁまぁ他の部分を見ると、あれぐらいでも許せる気がします。

昨日も小学生クラスやU-6クラスを見て、色んなことを思いました。

学校をめいっぱい楽しんでいるかな、友達との時間をめいっぱい、子供の時をめいっぱい、楽しんでいるかな。そんなことを考えているうちに昨日は眠っていたのですが・・・なので、やっぱり単純な夢を見てしまいました。他人の夢なんぞどうでもいいでしょうが、皆さんの子供のころもきっとそうじゃないかなという子どものころのことです。

5時間目が始まりそうで(やばい、外で遊びすぎた)、下駄箱から上の階まで階段をダッシュ。急いだために、一階行き過ぎ屋上に行きそうに。気づいて下におり、廊下を曲がるところで、他クラスの先生に会い、スピードちょっとゆるめて挨拶。頭の中は「やばい、俺のクラスも先生来ちゃう」で、挨拶後、さらにダッシュ。走りながらも途中で、廊下に色の違うマス目、タイルを2枚発見、その2枚の間を反復横とびしたくなり、やる。友達もしていて、「俺のところだ、じゃましないでよ」と言われ、またクラスへダッシュ。「そうだ、こんなことしている場合じゃなかった」。

そして、クラスのドアを開け、「セーフ」。クラスに入って安心したのも束の間、「ゲッ、俺の机だけ給食のときのままじゃん!」(黒板に対して横向き、しかも一番後ろ・・・。)

直そうとしたら、机の上が濡れている。男友達2人と女の子1人がこらえきれず笑いながら、「あいつがふき出しちゃって!」・・・どうやら友達が笑って牛乳を吹き出し、そのままらしい・・・。そして、拭くための布、布・・・布どこだ? と探すと、差し出される雑巾。いじめとかじゃなく、もう今はこれしかないらしい・・・。ゲッ、雑巾!  ・・・おかしくてたまらない。みんなで笑いながらも、でも、授業の準備をなんとかしようと・・・でも、おかしくて。

なんて夢でした。皆さんも、こんな感じだったですよね、きっと。

あの時の友達の顔、友達の「協力」(?)、空間。楽しかったですよね。

べつに懐かしんでいるのではなく、子供たち、ちゃんと子供の時間を過ごしているのかなって、そう思うことがたまにあるんですよね。

|

« そういうことか | トップページ | ネバギバ »

今日のsola」カテゴリの記事