« 卒業記念?  | トップページ | チームで大切なこと?  »

負けではないけれど

子供のころ、あこがれた選手について書かれた話に、「試合に負けた時などはサインもせずに(ロッカールームなどに)引き上げた」というものがありました。どちらかと言えば、「そういう態度はどうなんだろう」という感じで書かれたものでしたが、まだ中学生の自分も、「そりゃ、(サインなんかしたくないという)そういう気持ちになるだろうな」と思いました。

その頃は日本にはプロリーグがなく、その選手はプロ選手ではありませんでしたが、サッカーの本場から来た名監督が「なんとプロらしいアマチュアか」「彼なら外国でも通用する」と評価したほどの選手でした。

スクールの緊張感は、プロ選手の試合に比べたら、「緊張感」という意味では劣るかもしれませんが、私は勝手に負けないぐらいの緊張感を持っているつもりでいます。冗談を言う時も、くだらないことをする時もありますが、本気でやっています。

だから、最後の最後に、チームとしてスクールを良い結果に結びつけられなかった時、良いスクールにならなかった時には、先ほどの選手ではありませんが、とても穏やかには帰れません。「スクール」は「試合」ではないので「負け」とかはありませんが、自分の中では良い空間にできたかという部分で勝ち負けがあります。そして、それができなかったような「負けた」ようなスクールの日は、実は結構あります。今日もそうで。

大人になったからなのか、まだ子供だからなのか。

まだまだ先は長いです。

|

« 卒業記念?  | トップページ | チームで大切なこと?  »

今日のsola」カテゴリの記事