« トラップミスとシュートミス | トップページ | 素直じゃない »

便りがないのは

今日、突然、「○○です。(→→←子供の名前)」という題のメールが届き、本文を見ると「お久しぶりです」のみ・・・。

ん、何かあったか? と思いながらも、○○という名の子で久しぶりの子は2人いるので、まず名字を聞くことに。

すると、小学4年生の頃(前所属先の頃)にコーチをしていた子からでした。今は中学2年生。

中学に上がる時に、セレクションを受けるのを見に行き、その後、そっとジュニアユースの練習をしているところを見て帰ってきたことがありますが、それももう1年以上前のこと。しかも、その時は本当に、“どんな状況にいるのか”様子を見に行っただけなので、本人とは顔を合わせてもいないし、見に来たことも言わなかったし・・・なので、生きた会話をしたのはだいぶ前です。

そんな子からの突然のメール。何かあったのか尋ねれば、何かあり・・・。

「電話の方がよければ電話する」と返信すると、向こうからかけてきました。

色々話し、元気なことも、まだまだこの子が前向きに行けることもわかりました。

声を聞けてすごく嬉しかったですね。

「電話の方がよければ」と返信した後に、実際に電話をしてきてくれたのもすごく嬉しかったです。

今は、メールで色々やりとりができます。その方が、声を聞くより、楽なこともあります。電話で話すのは、思いが伝わりやすい分、つらいこともあります。今の子はメールでのやりとりも多いはずですから、「電話の方がよければ」と返信しながらも、もし、電話での私との会話をつらいと思ったら、メールで返信が来るのかと思っていましたから。

もちろん、メールの方がふさわしいケースもあるのでしょうが、内容によってはやはり電話の方がいいと思います。

この子、大切なものは失わず、ちゃんと育っているじゃないですか。すごく嬉しかったです。

|

« トラップミスとシュートミス | トップページ | 素直じゃない »

今日のsola」カテゴリの記事