« 道の途中で | トップページ | ガッツポーズ »

つれづれ

今日は嬉しいことがありました。今日「も」かな。
ある親御さんと話していると、「実は、サッカーをうまくなってほしいからスクールに入れたんじゃないんですけどね」ということでした。
真の理由は、子供がこれから社会の中で成長していくことを考えての親心からのものでした。私も同感です。実はサッカーよりも子供が主です。
サッカーコーチになりたくてサッカーを子供に教えていたら、いつの間にか子供がメインになっただけの話で、別に私は良い人ではありませんが(皆さんご存知の通り・・・)、こう思っています。
ただ、これは私が勝手に思っていることなので、サッカーを上手にさせたくて子供を預けてくれている親御さんや、サッカーを上手になりたくてスクールに通っている子供を裏切らぬよう、最低限、実際にサッカーは上手にするぞ、ということでやっています。
ですから、こういった心の部分での成長を宣伝柱にすることはしません。
それなのに、こうして、奥で同じ考えを持つ方と出会えると、とても嬉しいのです。
そして、こんな嬉しいことが、ソラではたくさんあるのです。
芯で、奥で、考えていることが同じって嬉しいですよね。
ところで、さきほども書きましたが、最低限、サッカーを上手にさせる―これも、本気です。
実は昨日、ある資料を見ていました。どんな資料かは内緒です。昨日入手したのですが、今日会うかもしれない子を伸ばすことに関係のある資料なので、昨日中に見ることにしました。
今日はお母さんのサッカー教室が午前中にあり、その後に今学期最後の金曜日コースがあるので、時間的に余裕があまりなく、部分的に資料を見ようかとも思ったのですが、それでは意味が(今回に関しては)ないと思い、全部見ることにしました。中途半端な努力では見つけられないものがあるからです。99%の集中力ではわからないことがあるからです。

な~んて偉そうに書いてますが、もちろん、お母さんのサッカー教室後に仮眠を取る気で!  (へっへっへ、ずるいでしょう。さっき、良い人じゃないって書いたでしょう。)
仮眠の力はすごいですからね、皆さんも学生時代に経験、おありでしょう? 授業中とか・・・。私はないですけどね~。(→→・・・裏切り者。)
そして、実際に仮眠をとり(怠け者)、無事にスクール中は頭も働き、楽しむことができました。
結局、今日、その子には会えなかったんですけど、この努力は無駄にはなりません。これが、私を支える力の一つです。
私は、自分が元プロ選手でないこと、十分にわかっています。でも、コーチを続けていくことに自信を持っています。それは、元プロ選手のすごさをわかっているからです。自分にはできぬことをいとも簡単にやるであろう、元プロ選手。かっこいいですよね。

自分にはそんなことできないので、彼らの何倍も努力するだけです。それでやっと子供たちのコーチとしてはイーブンになれるかな? と・・・。「てめー、そんぐらいの努力やってみろ」と常に自分に言っています。そして、自分の行動から、私は自分に自信を持っているのです。もちろん、ずっと頑張っているわけでなく、かなり脱力している時もあります。
が、子供の成長をかけた分かれ道では、絶対に妥協をしません。
・・・自信家・・・うっとうしいブログですねぇ。
でも、全国で戦っているコーチ仲間もこのブログを見ているようなので、そんな仲間への「こんな俺に負けんなよ」という励ましです。
長い割に実のない文章で失礼しました。

|

« 道の途中で | トップページ | ガッツポーズ »

今日のsola」カテゴリの記事