« 聖徳太子 | トップページ | 運動会 »

行こうよ

昨日のU-12クラス。

ゲームの時に、5年生の子達に「6年生と一緒にゲームをしたい子いる?」と聞くと数の子が人手をあげました。(→→「数人が手をあげました」という文を「数人の子が手をあげました」という文に修正しようと思ったら、こうなりました。「カズノコがヒトデをあげる」・・・なんか面白いのでそのままにします。)

話それたので戻し・・・。その時、すでに手をあげている子が、ある子に「一緒に行こうよ!」と言ってます。かなり一緒にやりたいようです。「行こうよ、チャレンジだよ、チャレンジ!」と強く誘ってます。

誘ってる子は普段チームに入っている子、誘われている子はチームには入っていなく、サッカーはソラでしかやっていない子。サッカーの経験も「長い」と言うわけではありません。

こういう、チームに入っている・いない、経験の長短の関係ない子供の関係、私は好きです。高学年になると、ゲームでの勝ち負けを自分達でかなり気にすることもありますので、一緒に組みたいなら、ただ勝ちたいと思うだけなら、経験の長い子と組みたいと思うのでしょうが、そういう損とか得とか関係なくて、「コイツと一緒にサッカーしたい」とか「お前もやってみろよ」っていう心のつながり、好きです。しかも「チャレンジだよ」っていう言葉の通り、お互いに挑戦をしよう、させようというつながり。

だからお互いを引っ張り合って高めたり、認めたり認められたりする中で、色んな立場の子の気持ちを知りながら成長していく機会がたくさん生まれると思うんです。

そういう機会がたくさん生まれるようなサッカー、してほしいですね。

|

« 聖徳太子 | トップページ | 運動会 »

今日のsola」カテゴリの記事