« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

連絡

今日、保護者の方からご連絡を頂きました。

「お休みの日にすみません」という言葉がありましたが、こういう日にご連絡いただけると、子供の成長をゆっくりと思い出すことができますね。

あぁ、そういえばこの子、ビブスの色が「自分の着たい色じゃなきゃ練習やらない」なんて言って泣いてたことあったなとか、ビブスの番号が「自分の好きな番号じゃなきゃ練習やらない」って言って練習しないこともあったな・・・なんて。

今ではそんなこともなく、成長を感じますよね。他の子も色々、自分の世界を広げたり、成長しています。

ご連絡いただいたお陰でちょっと幸せな時間を過ごせました。

リラックスして、ゆっくり考えることも必要ですよね。

|

おととい

おととい、あるお父さんから電話をもらい、色々とまた話しました。

この方はコーチもされているので、前通信のおまけのことなども少し。

普段より厳しい口調でのおまけだったので、「どうしたのだろう?」と思ったようです。

ただ、あのような書き方をしなければならない段階まで、子供のサッカー環境がきてしまっている部分もあるということなんです。

話は色々な話題に発展し、気づけば「義理と人情」の話をお互いにしてました・・・。

さてさて、話変わって、「おととい」。

子供は「一昨日」を「昨日の昨日」とか、「明後日」を「明日の明日」という言葉で表すことありますよね。

かわいいですよね。誰も、「“おととい”って言えよ」とは思わないでしょう。

知っている言葉で、伝えようとする。いいですよね。

「昨日」という言葉をちゃんと理解して、そして、次に「明後日」という言葉を知る。使うようになる。これでいいんですよね。

子供のサッカーも。まだ相応しいプレーでいいんですよね、本当は。

|

ホームページ

昨日、お問合せを頂きました。

なかなか見つからないホームページですよね・・・すみません。

しかもほとんどリニューアルされない「毎度お馴染み」ホームページで・・・。

ホームページは、どちらかと言うと、「見に来てほしい」というより、「見に来てくれた方へのご紹介」程度の内容にしています。

「もっとたくさんの方が訪れるようにしたら」と思われるかもしれませんが、まずは現場ありきなのです。

ホームページにたくさんの方がアクセスするようにすることよりも、まずは現場なのです。

昨日、コーチングのこと、ある子のことで2~3週間考え続けていたことの最後のヒントを見つけました。(→→実は、これまでにすでに「これが最後のヒントだろう」と何度も思ったのですが・・・。今度こそ!)

合い間合い間には、違う子のことを同様に考えます。

ホームページの更新や細工より、こっちの方が私にとっては重要なのです。と書くと、なんかすごい真面目コーチのようですが、決してそんなことはなく(すみません・・・)ちゃんと息抜きして、心地よ~くしてます。(→→←スクール中は息抜きしませんのでご安心を!)

ただ、興味を持ってくれた方にはホームページがあるといいと思うので、たま~に出す広告などに載せるようにしています。

それから、普段スクールを見に来れない方に、スクールの様子が伝わればということで日頃のちょっとした様子をここで載せるようにしています。

そのような理由ですので・・・皆さん、お許し下さいね。

スクールのこと、考え続ければいい考えが浮かんだり、何か見つけることができること、たくさんあるんです。途中までしか考えなければ見誤ること、中途半端な方法しか見つけられないこともたくさんあるんです。

これからも、かっこいいホームページにはおそらくなっていかないと思いますが・・・よろしくどうぞ。

(・・・→現場もかっこよくはないんですけどね・・・。)

|

コーチの方

今日は、練習開始前に、チームでコーチをしている方(スクール生保護者の方)が来てくれました。

最近の子供たちのサッカーを見ていて、「今どうしても伝えたいこと」や「伝えることによって子供たちに何か還元される」と思うことをお話しさせて頂きました。

通信でも色々とお伝えしていますが、伝わりにくい部分もあるかもしれません。

なかなかこのような機会を持つことはできませんので(お父さんのサッカー教室は皆さん参加が難しいようですし・・・)、今日の機会を逃すわけにはいきませんでした。

きっと、今日一緒にお話ししたことはそれぞれの場で子供たちに還元されていきます。

長期的に見て、もちろんスクールの子にも良い影響が期待できます。

外からコートを見ていた方は「あれは誰だろう?」「何をしているのだろう」と思ったかもしれませんが、そういうことなのでした。

みんなで子供を育てないと!   相乗効果相乗効果!  

|

すべきこと

今日すべきことはしました。あとはしばらく様子を見ます。

ただ、少しずつ、本当に良い方向に行っている、進んでいるのは確かです。

進むかどうか、動き出すかどうか、これが大切です。

大きな円、重たい円は、進み始める時がもっとも力がいるし、動きも遅く見えます。でも、いったん動き出せば、そう簡単には止まりません。

動き出した - それは確実です。

きっともうすぐ、色んなものが見えると思います。

|

日が昇る前に

先週から一週間たちました。「今度は私の番」…の時が近づいてます。昨日、ある程度まで考えて、あとは今日考えればいいところまで考えをもってきたのですが…が―、ダメです!  やっぱり気になります。みんなと絡めて、課題を持つ一人一人が伸びていく方法を見つけたいので、一人に言うのか、みんなに言うのか、どこまで言うのか、それを達成するためにチーム分けをどうするか…実は今、非常に悩んでます。
さっき見た夢はおしいところまで行ったのに、途中で夢ならではのワケのわからない展開になり…現実にはありえない展開になって目が覚めてしまいました。
うぬぬ…時間が近づいてくる…。
自分を信じて、いっちょ最後にもう一悩み、しておきます。もうちょっと悩めば、いい考えが浮かぶでしょう。
太陽よ、もうちょっと待ってて。

|

ソラT活躍!  

今朝、お休みの連絡を頂きました。 お休みは残念なのですが、その子がソラTを気に入っている様子を教えて頂き・・・なんと・・・。 その子は普段でも家でもソラTを着てくれているようなのですが、この前、家に友達が遊びに来ていた時もソラTで、友達のお母さんがTシャツの「sola」の文字を見て、「ソラ!?」ということになったらしく・・・。 そうです、この友達の子も以前スクールにいたことのある子だったのでした。 3年前、引越しで退会したのですが、千葉に戻ってこれたようです。 お互いにまさかソラでつながるとは思っていなかったようです。 そんな連絡を朝もらったのでした。 そして、今日のスクールに、その友達、つまり3年前に引っ越した子が来てくれたんです!   もう驚きです・・・。 嬉しいですね。また一緒にサッカーができます。 そんな今日の締めくくりも・・・。 あるお母さんが運動会の時の子供の様子を教えてくれたのですが、なんと、子供が運動会でソラTを着たそうです。 よくあるじゃないですか、「○色のシャツを着てきてください」みたいなの。 それで、その子は青のシャツを着る必要があったらしく、そこで昨年のソラTを着たとのことでした。 なかなか役に立ってますね、ソラT。 嬉しいで~す。

|

時・気持ち

運動会のリレー選手を決めるのは、子供にとって一大事のことのようですね。色んな子から、「選手になれた」「なれなかった」という声を聞きます。

昨日は、2年生の子が「僕ね、リレーの選手になれた!」という報告が。

良かったね~。

「あのね、僕ね、もうダメかと思ったよ」「無理だと思ってたけど、頑張ったんだよ」「だってね、○○君、速いんだよ!」「僕ね、頑張って良かった」・・・ちょっと思い出して、興奮しながら、嬉しい言葉がポンポンと口から出てきます。

1日1日、色んなことがあって、色んな興奮があって。子供の時、子供の気持ち、子供の言葉。

いいですね。

|

冴えわたる頭

スクール中に電話が。出ると子供の声で「あ、コーチ、俺。誰だかわかる?」

子供の声を聞き間違えるわけがなく、「おお、○○か!」と言うと、

「違うよ。なんだよ、この前、俺に“全然変わってない”って言ったじゃん」・・・。

う~ん、会うとみんな変わってないから「変わってない」って言っちゃうんだよなぁ。

「今日、行っていい?」と言われ、ピンときました。この前、送った手紙の返事をメールでくれた子がいたんです。そう言えば“今度行く”って書いてありました。

なんだ、今日来るのか・・・。二度もハズすか。「おう、○○か!」

-「違うよ」(二連敗・・・。てめー、来るはずのヤツ来いよ・・・。)

「あ、もうすぐ着くよ。本当にわからないの?」と言われ、

さすがに三連敗するわけがなく(期待してます?)、「バーカ、わかってるよ。じゃ、来た時にな!」と元気に答え(=ごまかし)ました。よし、これで三連敗は阻止!  (卑怯者・・・。)

そして子供登場。

えーっ!  ○○だったのか・・・。ずいぶん声がかわったな。そりゃ電話じゃわからないよ。

みんな、ちょっと見ぬ間に成長しますね。

嬉しいような悲しいような。でもやっぱり嬉しいですね。

|

ゴルフ? 

子供の頃(たぶん、4歳前後でしょうか・・・)、よくテレビで外国の料理番組を見てました。ただ面白くて。それと、ゴルフのレッスン番組を見ていた記憶があります。何歳くらいだったか思い出せないんですけど・・・。でも、番組に出てくるボブトスキという方は本当に面白かったです。と言いつつ、実は内容は覚えてないですけど・・・。でも、「面白かった」ということだけは覚えています。だから、ゴルフに全く興味のなかった当時の私も、続けて見ていたのでしょう。恐るべしコーチングテクニックですね。

あの人の出てくる本とかあるのかな? (あの人呼ばわりしたら失礼なレベルの人なんでしょうね。)

書店でものぞいて見ようかと思います。ゴルフは全然やったことないしこれからもやらないんですけどね、ちょうど思い出したので。

|

運動会

今日は天気が悪くなるかと思ったのですが・・・今、良いですね。

「運動会見に来て」と言われたのですが明日なら見にいけるので、「今日は雨で明日に延期」パターンが良かったのですが・・・。

みんな今頃、運動会かな? (運動会じゃない子もいると思いますが。)

今日は見にいけないので、あんな顔してるのかなと勝手に想像しています。

子供への働きかけは、コートの中で練習を見て行いますが、普段、彼らをずっとイメージしながら、そして(働きかけ方の)最終調整をコートで行っているだけです。

ある子に対して、一週間、二週間、継続して同じことを考えることもあるし、一週間考えて、直前の土日でまた色んな話を聞いて、練習直前まで考え続けることもあります。

みんな、今日はどう過ごしているのかな? 

明日は試合ある人いるかな?  運動会はないよな?  練習ある人いるかな? 

見に行って良さそうなのあったら連絡くださいね。

|

占い

悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて、悔しいスクールでした。U-12クラス。
子供たちが悪かったわけじゃなく。
でも、与えてはいけない自信、本人につかみ取らせなければならない自信があります。
それをたやすく与えるわけにはいかない時があります。
悔しかったです。
物事は「まさか」というところから崩れるものなんですね。
結局、占いが当たった感じになりました。
悔しいです。

|

星占い

ほう、星占いでは今日は「理想を追い求めると周囲から孤立する」らしいです。

が、理想を追求するのは誰でもすることですもんね、ということで今日も追及しようと思います。

子供たち、スタッフ、保護者の皆さん、協力してくださる方々・・・幸せなことに、理想を追おうとする時に離れるような方はソラの皆さんの中にはいないですもんね。みんなで今日も理想を追求していきましょう。

なんて思いながら、鏡を見て髪を整えていると(←もちろん、「帽子かぶればOK」程度に)、首から一本、毛が生えてるぞ!  

昨日は、お父さん、お母さん、コーチをされている方、施設の方・・・色んな方と話をしましたが、まさかこの首毛君も一緒に話を聞いていたのだろうか・・・。まさか語ってないだろうな。(→→「僕、クビゲ。これからよろしく」なんて。)きっと見つけた人は「あ、首から一本・・・」と思ったことでしょう・・・。首から一本、毛が生えている状況で色々と話すコーチ・・・イヤですよね・・・。まさか孤立の原因は首毛君では? ・・・。

おいおい占い~、「今日は首毛クンに注意」って言ってよ。そうしたらきっと孤立しないで済むからぁ。

ということで、ふたご座の男性の皆さん、今日は首毛クンに注意しましょう!  

|

最近入った子供たちへ

「もっと早くからソラに来てれば良かった」-嬉しい言葉だけれど、今までのことを無駄にしなければいい。今まで友達がここでした努力を認めて、でも、これから自分がしていく努力を認めていけばいい。

みんなのゴールはすぐそこにあるんじゃない。もっと先-

あと一年を切った子がスクールに来る。それでももちろん受け入れるし、来てくれて本当に嬉しい。

子供たちを伸ばしたいからこの仕事をしてる。もし伸ばせないなら、最初から受け入れない。

遅いことはない。大切なのは、これまでの友達の努力、努力した結果を認めながらも、しっかりと、自分で努力していくこと。

大丈夫、遅くはない。

|

始まり

「さようなら」。子供たちから練習後に言われる「さようなら」。ただの挨拶。

でも、こんなに言われて嬉しい「さようなら」、今までにあったでしょうか。

今日、ある子に「さようなら」と言われました。

その声は大きくて、力強くて、はっきりしていて。

今までのさようならとは本当に全然ちがくって。

はっきりと、何かの「始まり」を感じさせる「さようなら」でした。

どれだけ嬉しかったか。本当は全身で嬉しさを投げ返したかったけれど、それはこれからしっかりとスクールで返していくよ。

これから卒業まで、一年ないけれど、しっかり一緒に成長していこう。

これからが始まりだ。

|

朝が来ました

朝は前日の寝る前に考えてたことから思考が始まりますね…。
言葉をかけたいけどかけてはいけない時…。
頑張ってないように見えるのに、実はその子は頑張ってないわけじゃなくて、むしろ本当は頑張ってる時。そして、無意識ながら自分の力で、苦しみながらも、不器用にでも成長しようとしていて、実際に少し伸びるかもしれない時。その逆ならいくらでも声をかけられるのに。
見ていると苦しいですけど、でもまずは信じないと。
昨日、練習後にあるお母さんから、子どもがお父さんに話したことを聞きました。前の試合で、スクールで練習してることに挑戦したって、お父さんに話したみたいです。
やっぱり、変わり始めてるんです。その話聞いて、本当に嬉しかったです。その子は頑張った。
今度は、私の番です。

|

時計

コーチングでつらいのは、声をかけたいけれどかけてはいけない時です。

じっと待たなければならないこともあるからです。そんな時はぎゅっと拳を握り締めます。

今日は時計を壊しました。

今日は我慢の日でした。でも、だからこそ、次があるのです。

今日我慢した分、次で何かを見つけてみせます。

|

「果たして」の後

先ほどの、「果たして」の後は-

今を逃してはいけない子、今は余裕をもって見てあげた方がいい子・・・一人一人、大切です。一人一人、違います。

でも、バラバラでなく、みんなが絡み合って育って欲しいと思っています。

そして、全体としても、グループとしても成長していって欲しいと思っています。

さて、今日来た子。自分で変わろうとしている子。

話そうと思っていたことを話した時の、話を聞く顔は夢の中と同じでした。

プレーは、まだまだできるはずですが、今日はこれでいいのです。あと一回で、何かヒントをつかむ予定です。昨日見た夢は、話したところしか覚えていませんが、夢には続きがあるのです。あとは現実の中で、しっかり伸ばしていくだけです。

思いが伝われば、と思いますが、思いが伝わるだけではだめなんです。それではただの自己満足です。思いが伝わって、その子が頑張って、その子が自分自身の成長を感じて、その子が楽しいと自分で思った顔を見るまで、頑張ります。

必ず、成長するギヤ、この坂を上れるギヤを探して見せます。

|

変わる+果たして

4月、5月で新しくスクールに入って来た子。みんな少しずつですが確実に成長しています。

それがすごく嬉しいです。中には、自分の力でしっかりと、今の自分を少しずつ変えている子、成長している子もいます。

みんなが挑戦するのなら、必ず成長する場にします。引っ張りあげます。

自分のすごさを、しっかり知れ!  

>>>と、昨日打ったのがここまでで、続きを。

なぜならば、その、自分で変わろうとしている子のうちの一人が今日の練習に来るのですが、夢を見たので。

その子にどう働きかけるか、今日の練習に来るということを聞いてから、何度も頭の中で考えています。その子を伸ばすには、どう言うのがいいのか考えています。

そして、「こう言おう」ということもずっと考え、決めました。だからたぶん、夢に見ちゃったんでしょう。もちろん、現場での雰囲気から最後にはどういうか判断しますが、まずは夢の中ではOKでした。

あとは実際にどうか。今日、果たして。

とにかく今日も、全力でいきます!  

|

Tシャツってズボンに入れるの? 

今日、U-9クラスで子供に聞かれました。

「ねぇ、Tシャツってズボンの中に入れるの?」と。

スクールの子は、中に入れる子も入れない子もいます。バラバラです。

危なくなければいいので、「どっちでもいいんだよ」と答えました。

ズボンに入れなくても別に全然変じゃないし。他人も不快にならないし。

もちろん、だらしないのはいかんですが、格好ばっかりピシッとさせるより大切なことがあると思うので・・・。

ソラTは、ピッシリでも、ラフにでも、お好きなようにどうぞ。

格好でなく、中身で勝負できるヤツになれ!  

|

スポンジボール

前年度、「誕生日の子にはあげるよ」と言っていたスポンジボール。

まさか今年も欲しがられるとは・・・。

実はあれ、100円くらいで4個入ってるんですよ。それが昨年は売ってるところが途中で見つからなくなって、問合せしても「入荷する予定ありません」ということでなかなか手に入らず・・・でも子供は欲しがるし・・・ということで携帯電話で探しまくり、ボールの何倍もの通信費をかけてしまったのでした・・・。

結局それでもすぐに手に入るところは見つからず、製作元に電話し、卸先を教えてもらい、大量に注文し、これまたボールの何倍ものガソリン代をかけ、手に入れたのでした。

そして、しばらく子供たちの話題に上らなかったのですが・・・先週誕生日を迎えた子に今日、いきなり「スポンジボールちょうだい」と言われ、あげることに。

すると、みんな「欲しい欲しい」と・・・。誕生日がまだの子はもらえないとわかるとふてくされる子も・・・。

こんな子供らしさが大好きなので、今年度もプレゼントすることに決定!  

また大量に集めてくるぞ、お前ら。安心して、子供でいやがれ!  

|

ジジイの逆襲

「ジジイ」って、とりあえずここでは私のことですから、表現汚いですけど許して下さいね。

さっき書いた「ジジイと呼ぶ小生意気な小僧」は昨日、練習にやってきました。

昨日のU-12クラスは雨が強すぎ、途中で終了。その後、時間を少し空けてから、希望者のみでゲームをして遊びました。(→→間をあけないと、体調の悪い子なども他の子が残るのを見て、その時の気分で「やりたい」と言ってしまうといけないので。日頃の体調はお母さんの方がよくわかっていると思うので、お母さん方に事情を説明し、このような形にしました。)

このゲームはコーチ対子供で遊びましたが、私はヘロヘロになり途中で座り込みました。

その時に、その「ジジイ」と言った小僧が余裕顔でドリブルを。それを後ろから見ていて邪魔したくなり、座ったまま足をバタバタとさせ、大きな足音を立ててやりました。

するとその子、「ギャーッ!」と言ってドリブルを乱しました。ハッハッハ、ざまーみろ。ジジイの逆襲だ!  

それにしてもあの時驚いて後ろを振り返った顔、かわいかったですよ~。

こんな古典的な方法に引っかかりやがって、生意気な小僧ですが、まだまだかわいいもんです。

|

外では? 

郵便局で順番待ちをしていると、背の高い人が何やら用紙に記入している。

すると、その後ろから「あら、先生!」という声が。どうやらその人は先生らしい。(→→歯医者か病院の先生か、何かでしょう。)

するとその先生らしき人が「外では“先生”でなくていいですよ」とカッコよく言い・・・。

「“外では先生でなくていいですよ”か、かっこいいなぁ」と思いながらも、「俺は外でもコーチだぜ」と強く思ったのでした。(→→あたぼうよ。)

ちなみにグランドでは時おり“ジジイ”と呼ぶ小生意気な小僧も一人・・・。

もちろん、ほとんどの子がちゃんと「コーチ」と呼んでます。(→→当たり前か。)

ですが高学年は多くの子が親しみを込めて「モジャ」と呼んでます。(→→実際には親しみを込められていませんが、そういうことにしておかないとこのブログ見た人が驚くかもしれないので・・・。)

これからも、どこでも「コーチ」でお願いします。

|

おまけ

おまけ①

さて、ソラTと一緒に配ったおまけ、「エコバッグ」。

皆さん気を使ってくださり、よく使ってくださってますね、ありがとうございます。(→→気を使わせちゃってすみません。)

封筒開けて、バッグを見た途端、「どうしたんですか?  太っ腹!」なんて言われたりもして。

実はですね、太っ腹ではないんですよ。ただ作りたかっただけなんですよ。

もうずっと前から、「ソラのロゴ入り」カバンとかバッグとか、作りたかったんですよ。

私、「ソラ」が大好きなもんで。ただ前は作れなかっただけなんです。だから「来年こそは」と思っていて、今年念願かなって作ったのでした。

そう、実は私の「作りたい欲求」で勝手に作った“エゴバッグ”なんですが、“濁った心”を取り除けばほ~ら、“エコバッグ”に早変わり。

どうぞ使ってやって下さいね~。

おまけ②

さてさて、通信に載せる「おまけ」・・・。今回は長いですよ、皆さん、覚悟を。

今回は読んで欲しいので、字もいつもより大きめにしましたから。

実は今回の通信は、「おまけ」を配るために作ったようなもので・・・。すみません、皆さん。

ですが、子供たちのことを考えると、もうリミットで。ここらでお話ししておかないとと・・・。

明日から配り始めますので、よろしくどうぞ~。

|

安心

やっと来たか、高校生。来たと言ってもメールですが。2人のうち、一人からまだ連絡が来てなかったので。一度、スクール中にフラッと姿を見せた時がありましたが、それっきりで。

気になってたので手紙(古いですね・・・)をちょっと真剣に書き・・・。

そしてメールが来たんです。

メールには「コーチ字きたねー」と書いてあり(うるせー!)、「今度ヒマなとき暇つぶしに行きます」と書いてあり(何様だ!)、「んじゃコーチも経営頑張って」と書いてあり(ほっとけ!)・・・いかにも高校生らしい感じでした。

「テメー、(連絡が)おせえよ」と思いながらも、短いメールでも数文字がすごく嬉しかったりして。これでようやく安心しました。

|

理由

今日は、スタッフ用の黒ウェアを着ていると子供たちから「何で黒なの?」と言われたり、ゲームの時に(コートを半分に区切って2グループに分けるのですが)、「俺、あっちのコートでやりたい」と言われたので「だめ、お前たちはあっち側」と答えると「何で?」と理由を聞かれることがありました。

細かいことですが、色々なことに理由があるのです・・・。

今日はこんな細かいことの質問をちょこちょこと受けたので、これも今度、通信のおまけで説明しま~す。

|

スタッフ用ソラT? 

最近、マジメなことばかり書いちゃってたので・・・。

ソラT・・・スタッフ用のものを今日着てみました。

黒の8番。結構好評でしたが、スタッフ用のものは、子供たちのソラTを追加発注する際、数合わせで作っただけですので。(→→数がまとまるとプリント代が下がるので〜。)

スクールは週5日あるので、ちょうどあと数着、スクール用ウェアがないときつかったんですよ。なので、ちょうど良かったのでこの機会に作っただけです。

しかも、「長袖いいなぁ」と言われましたが、実は今日着ていたのは「ベースボールシャツ」。いいでしょう。サッカースクールなのにベースボールシャツを着てしまうコーチ。

(長袖なのは、私が皮膚が弱いから。それと上着代わりにもなるから。)

しかもしかも、実はさらに、「ホッケーシャツ」もあったりします。(→→これも数合わせで今回作ったのですが。)

素直にウィンドブレーカー上下やジャージ上下を作ればいいんですけどね、今のウィンドブレーカーもまだ使えるし。(→→かなりロゴの部分がはがれてきましたが気にしませ〜ん。)

別に格好で教えるわけではないので。

|

2人

U-12クラス。少しずつ変わり始めている子がいます。

正確には、本当の自分に戻り始めている、ということかもしれませんが。

今は、もう少し待ちます。自分たちでどこまで戻れるか、自分たちの力で少しずつ戻っている今は、待ちます。

まだ入ったばかりの子ですが、卒業するまでに、必ず大成長モードまで持って行きます。

|

子供の声

昨日、お出かけ中の子供から電話をもらいました。

小さな子なので話し方はゆっくり。なのに、弾んで聞こえる。嬉しい気持ち、楽しい気持ちがすごく伝わってきました。

心の中でボールがポンポン跳ねているのが見えるようでした。

子供の声、不思議ですね。

|

一晩明けても

まだ昨日のことが頭を占めています。実際には昨日のことではなく、昨日のことにつながる過程、背景、その子の置かれている普段の練習環境のことが頭を占めているわけですが・・・。

通信の「おまけ」はすでにいくつか用意していたのですが、今回はその用意していたものを後回しにする予定です。

昨夜、とりあえず文章をダーッと打ってしまいました。が、まだダーッと続ける予定です。

皆さん、すみませんが、次回の通信の「おまけ」はぜひ読んで下さい。

|

悩み

こんな私でも悩むことはあります。

昨日は、子供の一言が気になりました。

でも、その一言は、その子に責任があるというものではなく、他の場でその子が教わったことが原因で生まれた言葉でした。子供のプレーから生まれる言葉ではありません。

だから、その子を単純に責めるわけにはいきません。

でも、(他の場で)その子に教えた人の責任にして、その子に「それは違うよ」と話したら、その子は混乱してしまうでしょう。

だから、どう言うべきか悩みました。

子供が子供らしいサッカーをしていけるように、全力で答えを見つけていきます。

|

まだ続く

私の頭がモジャモジャだからということで(←髪の毛きったから今はそんなにモジャモジャじゃないのに)、まだ「モジャネタ」が続いています。

今日は、運動会ネタで赤組だの白組だの話している時に紅白帽の話になると、ある子が「あっ、そうだ!  コーチはモジャ帽ね」・・・。

「そんな帽子あるか!」なんて言いながらも、「並ぶときも赤組、白組、モジャ組・・・って変だろう!」なんて、ちゃんと膨らましてあげました。(→→優しいでしょう。)

さて、続くと言えば・・・子供のサッカー。

ソラには、サッカーチームをやめても(ソラで)サッカーを続けている子が結構います。

今日、U-12クラスのゲーム中に、私がある子に、「ゴロでパスできるところがあったよ」と言うと、「だって、(そこにパスをしても)どうせ取られるじゃん!」と言ってきました。

この時は、「でも(取られるかどうかは)やってみないとわからないよ」と言うと、その子はその場では別に何も言いませんでしたが、次からゴロでパスをできないか、ちゃんと考えてやっていました。そして、実際に何度もゴロの(=丁寧なパス)を成功させて、かなりいい動きをしていました。

こうやって、コーチの言うことが違うと思ったなら、ちゃんとコーチに言い返せるということはいいことです。大人やコーチの言うことが正しいとは限りません。子供たちにも、「コーチにだって思ったことは言え」と言っています。

この子はチームをやめた子ですが、とても上手になってます。

こういう、ちゃんとコーチに思いを伝えることができる子はいいですね。言いたいことはちゃんと言うし、でも、自分でも挑戦をしてみる。

こういう子が伸び伸びとプレーできるチームがたくさんあるといいのですが・・・。

|

運動会

練習後、今日もうるさ~くしながら残っている子が、「ねぇ、運動会来てよ!」と言うので、日程を聞き、(子供が日にちをちゃんと覚えていないようなので、まだ行けるかはっきり言えず)「行けたら行くよ」と答えると、

「えー、絶対来てよ!」→「来て」→「来なさい」→「来い!」とだんだん口調が変化。(→→そんな言い方をする前にちゃんと正確な日にちを覚えておけ!)

「キサマ~」と思いながらも、とても嬉しそうに話すので、何とか日程を調整できないかと思ったのでした。

とりあえず、調整できたら見に行こうと思います。

|

行こうよ

昨日のU-12クラス。

ゲームの時に、5年生の子達に「6年生と一緒にゲームをしたい子いる?」と聞くと数の子が人手をあげました。(→→「数人が手をあげました」という文を「数人の子が手をあげました」という文に修正しようと思ったら、こうなりました。「カズノコがヒトデをあげる」・・・なんか面白いのでそのままにします。)

話それたので戻し・・・。その時、すでに手をあげている子が、ある子に「一緒に行こうよ!」と言ってます。かなり一緒にやりたいようです。「行こうよ、チャレンジだよ、チャレンジ!」と強く誘ってます。

誘ってる子は普段チームに入っている子、誘われている子はチームには入っていなく、サッカーはソラでしかやっていない子。サッカーの経験も「長い」と言うわけではありません。

こういう、チームに入っている・いない、経験の長短の関係ない子供の関係、私は好きです。高学年になると、ゲームでの勝ち負けを自分達でかなり気にすることもありますので、一緒に組みたいなら、ただ勝ちたいと思うだけなら、経験の長い子と組みたいと思うのでしょうが、そういう損とか得とか関係なくて、「コイツと一緒にサッカーしたい」とか「お前もやってみろよ」っていう心のつながり、好きです。しかも「チャレンジだよ」っていう言葉の通り、お互いに挑戦をしよう、させようというつながり。

だからお互いを引っ張り合って高めたり、認めたり認められたりする中で、色んな立場の子の気持ちを知りながら成長していく機会がたくさん生まれると思うんです。

そういう機会がたくさん生まれるようなサッカー、してほしいですね。

|

聖徳太子

今日、練習後に体験の方へスクールの説明をしているときのこと。

そんな時でも、一応、コートの中やら周辺の子供の様子には気を配っています。

説明中、グランド内の声を聞いていると、

「何コレ、3号球?  3号球?」という声が聞こえます。

耳に入れつつも「これは問題なし」ということで、心の中では「それは4号球だよ。3号はもっと小さいだろう」と答え、体験の方への説明を続けると、つい口から「小さなボール・・・」と言ってしまいそうに・・・。

聖徳太子・・・よく色んな人の話を聞き分けられたもんですね。うらやましい。

|

タイミング

今日も卒業生が来てくれました。高校生。

実は高校生の子には手紙を書いてあるのですが・・・まだ送ってません・・・なのに、「来ちゃったよぉ、おいおい、どうしよう」状態でした。手紙の内容は話題にできないし・・・。

今日はつくづくタイミングの悪い日でした・・・。

練習では「ワザをかけるタイミングを考えよう」とか言うくせに・・・。

|

まさか・・・

練習後、私はよくスーパーで、帰りの運転中の眠気防止用の食物を買っていきます。

ただ今日はU-15クラス練習後で、すでにエネルギーなし状態。全てエネルギーは使ってしまったので、ほぼ放心状態で買い物。しかも髪はボサボサなので変な帽子をかぶり・・・。

誰にも会わぬだろうと思ってたのに・・・・。

「今晩は、お父さん」・・・。

バッタリ会っちゃいました。私、疲れきった顔、怪しげな帽子で・・・。しかも、エコバッグを持っていなく・・・。(→→今日はすでに違うものが入ってたので・・・。)

しかもしかも、今日の眠気防止食物は「たこやき」。

恥ずかしさのあまり、その場にバッタリ倒れちゃいたかったです・・・。

|

天気

寝ぼけたまま深夜・早朝(?)の「明日から天気が崩れる」という天気予報が耳に入ってきて、夢の中で「エーッ!」と言い、起きて「あれ、夢かな? 本当かな? どっちだろ」と予報を見て「エーッ・・・」。

でも、千葉の予報をよく見ると明日は降水確率がどんどん低くなってるじゃないですか。

50%→40%→30%という感じで。おー、これなら期待できますね。明日、何とか天気がもちますように!  

あ、皆さんもありますよね?  寝ている時に耳から情報が入ってくると、夢とかに反映されますよね。あれ、面白いですよね。

|

昨日、U-9クラス練習時、少し早く来た子が、「○○君はあとで来るよ、さっき公園でトカゲとってたから!」と教えてくれました。

練習後、○○君はカゴを持ってきてトカゲを見せてくれました。

お母さんは困惑。なんと、車の中に数匹脱走中らしいです・・・。運転、お気をつけて。

そう言えば、私も子供の頃、カマキリの卵を家に持ち帰り、気づくと目の前に小さなカマキリが。(→→カマキリの赤ちゃんって可愛いですよね。)

他にもいるかなと思ったら・・・・・「いすぎ」・・・・。小さいのがピョコピョコ・・・。

「どぼじよう・・・」状態になったことがあります。

あ、アリを飼ったこともありますね。よく覚えてないですけど、空になった梅干しの入れ物に土を入れて、しばらくすると透明の側面にちょっと巣みたいのが見えたのは覚えています。

皆さんも虫に関するエピソード、きっと色々お持ちでしょう。よかったら子供に話してあげてはどうでしょう。きっと興味持って聞いたり、安心したりするんじゃないでしょうか。

それから昨日はスクール前にちょっと公園に行ったのですが、園内を歩いていると、

「あっ、大きなハチ!   ちょっと見てくる!」とワクワクした子供の声が。

かわいいなと思いながらも「大きなハチはイカンぞ」と思い、気をつけるようにひと声かけようとしたら、ソラッ子じゃ~ん。「さされちゃうぞ」と言っておきました。

(私も子供の頃、おしりの大きなハチを見て惹かれ、花に止まったところをついさわり、「ヌオッ!?!」と言うほど痛い思いをしたことがあります・・・。)

・・・にしてもあの時の「あっ大きなハチ!」って言った声、かわいかったですよ。

声と同時に自転車置いて、走って。

子供の素朴な好奇心。育つ環境、いいですね。

|

火曜日

休日、GWと・・・火曜日コースの子にはずいぶん会っていない気がします。

さすがにちょっと寂しくなってきましたが・・・来週、ようやく会えます。

みんな元気に来るんだぞ!  

まだソラTをもらっていない子にはソラT&おまけを渡すからね~。

な~んて書いてますが、「コッラー!」状態になるような気が・・・。

|

しまった!  

昨日、スクール後にあるお父さんが来てくれました。私も話したいことがあったので、子供たちのサッカーのことを一緒に色々話しました。この方はコーチもされていますが、ナイスな方ですよ。

さて、今日のU-12クラス終了後、コートの外に出るとその方が来ているのがわかりました。この方、体が大きいので、いるとすぐにわかります。

他の方もそうですが、見学に来て下さっている方や送り迎えで来て下さっている方へは、子供たちへの話が終わった後に挨拶をしています。その方がゆっくり挨拶できるので。

この方へも、子供たちへの話が終わった後に挨拶をしようと思っていたのですが、子供たちへ話をしていると、視界の右側に大きな人影が。「あ、今は右にいるな」と頭に入れ・・・。なのに、話し終えるとすぐ後ろにその方がいるではありませんか。

「お!   じゃ、右の人は誰?」(だってあの人もすごく大きかったぞ)

と、よく見ると・・・あ、違う子のお父さん?  あら~。久しぶりに来てくれたのに挨拶できないのもイヤなので、後を追おうとすると、目の前に邪魔者・・・いや失礼、可愛い子達(だったっけかな?)が・・・うっ・・・あっち向いてホイ隊だ・・・。

こやつらをすぐにやっつけて挨拶に、と思ったのですがかなり手強く、その間にその方はどんどん歩いて遠くへ行ってしまうのでした・・・。

うぬぬ、あっち向いてホイ隊・・・。無邪気な顔で列を作っている・・・。さすがに怒れず、大きな後姿を見て、また今度挨拶させていただこうと思ったのでした。

そして、昨日お話ししたもう一人の方と、昨日のことも含めて挨拶をしたのでした。

それにしてもあのあっち向いてホイ隊の無邪気な笑顔と列を作る速さ・・・練習中にもっと見せてほしい・・・。

|

来たか、中学生

今日も、中学生の子が顔を見せてくれました。6年生の頃は超~超~超~生意気だった子。

一回目は学校帰りに、二回目は遊んだ帰り。元気な顔を見せてくれるのは嬉しいものです。

「勉強、面白いか?」と聞くと「面白いわけねーじゃん!」と元気に答えてくれました。

ははは、そりゃそうか。

二回目の時はU-12クラスの練習中だったのですが、その子が来たことに子供たちがちゃんと気づいたのがすごく嬉しかったです。

ここは、みんなの場だよ。いつでもおいで。

|

だもの

今日、U-9クラスの時に子供と話していると、「ねぇ、なんでおじさんみたいに話すの?」と・・・。だって、おじさんだもの。見てわかるでしょ。

それは驚くことではないが、今日はずっと子供を見ている私でも驚くことが。

U-9クラス、ちょっと難しいかな? と思いながらも、ワザの練習をしました。

ウォームアップは今日はひたすら「楽しもう」と思って行ったので、その後練習するワザとは全く関係ないことをしました。形式も、その後の練習とは全然違う形。

そして、休憩後にワザの練習。

特にポイントなども言わず、まず見せて、やらせて様子を見てたのですが、見本を一回見せただけなのに、時間が少したつとかなりできるようになってます。

もちろん、練習の流れを考えて、段取りは組んでやっていますが、それにしても、ワザをあそこまでちゃんとできるようになるとは・・・本当に驚きました。

興味あることは見てわかるのね、すごいすごいと、おじさんは思ったのでした・・・。

|

ストライカー

ストライカーは、シュートを決めるために色んな準備をしています。チャンスを狙っています。ボールが来る前に、ずっと準備をしています。ずっと動き回っているという意味ではなく、動いていない時も目、頭、体を使って、準備をしています。もちろん、動きを使う時もあります。

だから、シュートを決めることができるんです。「えっ、なんでそんなところにいるの?」「なんでマークされていないの?」・・・そうなる・そうする準備をしているのです。

コーチも一緒です。グランドに立っている時以外の時間が準備の時間です。

歯を磨いたり、シャワーを浴びたり、車を運転したり・・・。なので、いきなりグランドで子供に「ガオッ」っと働きかけることもあるのです。

子供はいきなりだと思うかもしれませんが、こっちとしてはずっと考えていることなのです。

今日もそんなことがありましたが。ずっと考えて、チャンスを狙っているのです。

ヌハハ。あ、もちろん、成長させるためのチャンスですよ。

|

ゲーム中に転び、ひざをちょっとすりむく。体育座りで泣く・・・。友達が「大丈夫?」と声をかける。でも、泣いたまま。

ちょっと外へ。その間、その子がいないままでゲーム。

ちゃんとゲームをしています。

手当て後、復帰。

この復帰、コーチが「戻るぞ」と言うこともありますが、今日は言わず、自分で戻らせました。

自分で戻るのでも、「何気なく戻る」のなら、結構子供たちはできるんです。

なので、あえて、自分で、「もうできる」と言ってからちゃんと戻るように言いました。

さっき心配で様子を見に来た子が「大丈夫」と言った時に、この子は応えなかったから。

ケガの具合から考えたら、うつむいたままでも、うなずくことはできるだろうし。

友達はケガの様子を気にしていて、声をかけに来ているのにそれに応えず、ケガが治ったらまたさっきのように何事もなかったかのように戻るのはちょっと。

なので、あえて、ちゃんともう一回、自分で仲間に入らせました。

とは言いつつも、みんなが楽しそうにゲームをやっているところに声をかけて入って行くのは大変なことです。そんなこともわかっています。助けてあげればいいのに。でも、させました。冷たいようですが。

この子、今、強くなっているところですから。ここのところ成長してきているので、このときを逃してはならないのです。ここでビシッと、自分の力で成長できることを覚えてもらおうと。

そして、この子、ちゃんと声かけました。何度か、「みんなのところに行こうとしてやっぱり行けず」状態を繰り返した後に、勇気を出して入って行きました。

グランドではちょっとだけ誉めましたが、本当はその10倍、誉めてあげたかったです。

ただ、あまり誉めると、さっき冷たくしたのがウソっぽくなっちゃうのであまり誉めることができませんでしたが。

本当に大成長。プレーにもちゃんと出ています。プラスのパワー!  

頑張れ!  

|

付録

休会中の子から手紙が届きました。チームでの試合でケガをして、しばらくお休みしています。

手紙には、早くサッカーをやりたい気持ちがたくさんつまっていました。

それから、付録もついていて、どんな付録かは2人の秘密ですが、この付録がとても嬉しかったです。

子供らしく、夢をちゃんと持って走っていることが、しっかり伝わってきました。

ソラッ子なら焦るなよ、大丈夫だから。

|

GWも終わり

さて、G・Weekも終わり・・・、今度はG・Daysですよ~、皆さん!  

日常日常・・・ゴールデンでしょう? 

さてさて、GW明けのスクールは水曜日ゲームコースから!  

ーが、移動教室でお休みの子が多く、とても残念です。

ーが、お休み多いのは残念ですがちゃんと来れる子もいるので、こっちはこっちで楽しみまくります!   故に、移動教室の子も行事を思う存分楽しんできてくれたまえ!  

とにかく無事に、帰ってきてちょうだい!  

|

復帰

テニス、すごいですね!   37歳で復帰・最挑戦って・・・。

私も37歳・・・なんだ、この差は・・・。自分のことを考えると暗くなるので、子供に話題を転換。(→→ナイスターンでしょ)

さて、スクールに来ている子にはチームに入っている子もいます。

子供たちは、学校やチーム、公園・・・色々な場所でケガをしてしまうこともありますね。

チームに入っている子は、少し練習を休む必要もあるでしょう。

が、治れば復帰できるので、そういう子は焦らずに治すことです。

様々な種目のプロスポーツ選手が、ケガや年齢・ブランクからの復帰・復活を見せてくれています。もちろん、中には復活できなかった人もいるかもしれません。でも、復活する姿を見せようとして努力していたことでしょう。

プロでも大人でもない子供に当てはめて考えるには、ちょっと質が違うかもしれませんが、でも、子供たちに起こり得るケガについては、ちゃんと休めば復帰できることをしっかり知ってほしいですね。

だから、焦らずに治してほしいです。また、休んでいる時も、「もうできないかも」という不安がいっぱいかもしれませんが、そこは「そんなことはない」ということを、プロスポーツ選手だけでなく、周囲の子だって見せてくれているはずですから、不安より希望を持って、ちゃんと治すことを考えてほしいですね。

「ケガをして休んでいる間にポジションがなくなる」なんてプロみたいな世界に子供たちはいないはずです。(→→まさか、そんなこと周囲の大人は言わないでしょう。)

ちゃんと休んで、治ったら希望を持って、自分が休んでいた間の友達の努力もしっかり認めながら、でも、自分の努力・可能性も認めながら、成長していってほしいですね。

|

サッカーの醍醐味

サッカーの醍醐味はもちろんゴール。でもゴール以外にもたくさんありますよね!  

見ていて楽しくなるのは「驚くプレー」。やっている本人も、きっと「驚くプレー」をしている時は楽しい瞬間でしょうね。

子供は、大人の考えを上回る成長をすることも多いので、相手に囲まれた時に体がとんでもない動き(大人の想像を超える動き)をすることや、とんでもないイメージ・発想で相手を抜いていくことがよくあります。

ただそれは、子供が自分の意思で抜こうと、「自由に」発想できる場合ですが。

それから、驚くプレーには「当たり前のような平凡なプレー」も含まれます。例えば、いつもならパスをする子がドリブルに入ったり、いつもならボールをまたぐワザで抜く子が違うワザで抜いたり。これも、自分の自由な発想から生まれると、すごく本人も嬉しいし、楽しいし、実際上手になりますよね。

ただ、スクールのゲームでは「こういうプレーをしてみよう」という課題を個人や全体に与えることもあります。それは、この「自由にできる」選択肢をより増やしていくためです。

プレーの幅を広げ、いずれ、より自由にプレーできるようになってほしいからです。

だから、「何かをやってみよう」と言っても、子供が自分から「挑戦しよう」という気持ちでやっているので、表情もかなりいい顔しています。

そんな表情を見たり、子供が自分で挑戦した後の「やったー!  できた」という声を聞くのは嬉しいし、楽しくなりますね。

子供のサッカーはこういうことが溢れているから楽しいんですよね。

|

元気かな?  そう思う子がいます。スクールをやっていれば色々あるので、その時その時で、「元気かな」と気になる子がいます。

スクールで会える日は顔を見ればなんとなく様子がわかりますが、スクールがない日は顔を見れません。

なので家に電話をすると、親御さんが子供にかわってくれることもあります。

声を聞いて、元気なことがわかると安心しますね。

メールもいいですけど、やっぱり声を聞けると嬉しいですね。

|

今日

今日は悔しいことがあったので、色々考えて寝ることにします。

頭と胸に色々しまって、また明日以降、普通に色々と書きたいと思います。

|

遊び

子供が大好きな遊び。友達と遊ぶ。

友達が遊んでる-「入りたいな」・・・ちょっと勇気を出して「入れて」。

ちょっと間があり、「いいよ」・・・良かった。

受け入れてもらえると嬉しい。でも、ルールを守る責任も出てくる。

入れてもらったのに、みんなとの約束を守らなければ、次に「入れて」と言っても、「ヤダよ、だって約束守らないんだもん」ということになる。

大好きな遊びだから、大好きな友達だから、みんな、約束を守るようになる。

受け入れられる嬉しさとと、責任を果たす大切さ。

子供同士の遊びには、結構大切なことがつまってるんですけどね。

|

ご見学

今日の練習にはお父さん方が多く見学にいらっしゃってましたね。

GWだからでしょうか。普段はなかなか見学にこれない方も来て下さり、感謝です!  

お一人お一人とゆっくりお話しできませんでしたが、これからもよろしくお願いします。

|

ソラT“第3弾”配布案内

ソラTです!  お待たせしました!  (待っていなくてもこういう言い方の方がこちらが気持ちいいので。)

今年はさりげない柄にしようと思ったのですが・・・色々と考えているうちに・・・気づけば、さりげなくない柄に(背中に8番)になっていました。でも、シンプルですから。
ところで、何で8番かと言うと、ちゃんと意味があるんです、深~い意味が。だって今年は2008年!  (だから…。)そう、2008年の「8」です・・・。気まぐれです・・・。
サッカーって言うとやっぱり「10番」って感じがしますが(実際には色んな背番号のスター選手がいますが)、
「いかにも」というのはイヤなので、8番にしました。(→そんな理由?!) ・・・10番好きの子、ごめんなさい。
(気まぐれですので、来年背中に「9番」が入るかはわかりません。)
そのかわり、色、4色用意しましたからね。
好きな色のシャツでジャンジャン動き回って下さい!  

・・・ということで、きっと今年のサッカー界は8番が大暴れしますよ!  
例えば、ほら・・・
活躍シーン1. “ガシャーン”・・・「母ちゃんごめん、コップ割っちゃったー!」「ぬわにぃー!」・・・とか、
活躍シーン2. 「だって、コイツが先にやってきたんだもん!」「あんたの方がお兄ちゃんでしょう!」・・・とか、
※シーン1は台所、シーン2は買い物中のショッピングセンターにて(子供が買い物に興味をなくした頃に)よく見られるシーン。
・・・って、サッカーのシーンじゃないですね。
しかも、子供たちより大暴れするのは皆さ・・・想像するのやめましょうね。(→皆さんも8番、つけます?) 

さて、そんなソラTですが、もちろん着ても着なくてもどちらでも構いません。
スクールでたくさんの子がソラTを着たら、ここにも「8番」、あそこにも「8番」なんて感じで、何とも面白いんです
けど、8番だらけで自分の子を探しにくいかもしれませんし・・・。(→もしかして、不便? ・・・今さら言ってもしょうが
ないので気にとめずに配りますよ~。)

・・・着たい時があったら着る、着たくない時は着ない、そんな感じでご自由にお使い下さい。

|

カレンダーが?!  

私の携帯の待ち受け画面はカレンダーです。スクールのスケジュールが管理し易いのでそうしてます。

そして、パソコンの壁紙はスクールカレンダーです。これまた同じ理由です。

「いよいよGWかぁ」と携帯のカレンダーを見ると、5/6(火)が休みにはなっていません。

「あれ、休みのような気がしたけど・・・。なんだ、6日は休みじゃなかったんだ」」と思い込み、「でも、スクールカレンダーでは休みだったような気がしたんだよな」とパソコンを開くと、「やっぱり休み」。

あれ? ともう一度携帯でチェック。やっぱりその日は休日にはなってません。

「まさか、今どきの携帯が間違えるわけなかろう」と、しつこくもう一度、携帯をチェック。「やっぱり休みじゃない!」

「えっ、もしかして本当は休みじゃないの?」「俺、間違えたの?? ??」「あんなに確認したのに?? ?? ?」(そう、しつこいほど確認してスクールカレンダーは作っています。)

あせりまくり(今日一番の真顔)、そばにある手帳、カレンダーなど色々見て、「やっぱり休みじゃん!」と安心。

うぬぬ、恐るべし我がケイタイ。今どきのじゃないということを忘れてた・・・。

皆さ~ん、ソラは5/3~6までお休みですからね~。

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »