« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

夏空終了!  

今日でサマースクールは終了。正直な感想は・・・成長の手応え、ありー!  

よく頑張ったぞ、子供たち。

来週からは、いつものスクール。

また楽しく、頑張っていこう!  

|

二学期

サマースクール最終週。ちょっとさびしい気もしますが・・・。
夏が終わらないと2学期が始まらないし。じゃないと夏休みに休んでた子供たちに会えないし。
みんな、夏休みを楽しんだかー? 

|

サマーキャンプ? 終了

サマーキャンプ終了。子供たちに、

「今回のサマーキャンプはコースによって人数が多かったり、少なかったりした。ゲームの時には、チームの人数が少なければ、一人の存在が大きく、自分が頑張らないとチームにも自分にもいい結果が生まれない。でも、人数が多ければ、他の人が頑張ってくれて、自分は頑張らなくても勝ったり、ちょっと頑張っただけで活躍したように見えることもある。さぁ、みんなはどうだったかな? 人数が多い中でも、みんな自分の存在を出せただろうか。・・・ここに集まった友達のことを忘れないように!」

・・・な~んて話してる夢を今朝、見たのでした。

夢の中のサマーキャンプに負けないように、現実のサマースクールを成功で締めくくるぞ!  

昨日の木曜日コースも、各クラス大成功で終了。

いよいよ今日がサマースクールの最終日。

頑張らねば!  

|

成長したなあ

今日、携帯に着信が。保護者の方かと思い、お客様用の声で出ると、ん? 子供? でもずいぶん偉そうに「あ、オレオレ!」・・・まさか・・・と思った次の瞬間、「コーチ!」って。(→→ホッ)

あ、この声・・・お前か!  

たまにここに登場する、ず~っと前に教えていた子。

携帯をなくして、番号がかわったので電話をくれたようです。携帯をなくしたと聞いて、「すぐに父ちゃん、母ちゃんに言ったか?」と言うと、「あははははは・・・・、だから新しいの持ってるんじゃん」と。(→→「そんなこともわからないの?」というような言い方・・・ぬぬ・・・)

落としてすぐに必要な処理はしたそうです。ついでに宿題の話なんかしてると、ちょっと違和感が・・・・「あ、こいつ、もう中学生だ!」。

つい、まだ小学生の感じで話してしまった。携帯の処理と言い、勉強の方といい、みんないつの間にか成長してるんですよね。

|

修了レター? 

もう配り始めているので、知っている人も多いので。

今回は、子供たちに配るのは「修了証」ではなく・・・「手紙」にしました!  

今まで、修了証にコメントを長々と書いていたのですが、ある時、子供から「これ手紙じゃん!」と言われたので、今回は開き直って手紙にしました。(→→手紙と言って渡せば文句ないだろう!)

「これ、一人ずつ書いてるんですか?  大変ですよね!?」と言われましたが、一人ずつ書いてますが、そこまで大変じゃないんですよ~。楽しんで書いてますので。

それに・・・無理に「良いことを書こう」とか思っていなく、思ったことをそのまま書いているので、もらっても有難いかどうか・・・。(→→すみませ~ん。でもこんなスタイルなんで~す。)

|

GO!

という感じで子供がコートに飛び出した!  

なんかいい感じの表現でしょう・・・でも、それは、ゲームの出番を待っている子供たち。飛び出しちゃダメなの!  

「こら~」と行くと、飛び出しそうになったけど、すぐにクルッとターンして戻りました。

「どうしたの?」と聞くと、「だってセミがあそこにいるんだもん!」

なるほどなるほど。

|

夏空火曜日コース終了

今日はサマースクール火曜日コースの終了日。

U-6クラスもU-9クラスも、「夏休みなら通える」ということでちょっと遠いところから参加してくれた子もいました。

それから、「夏休みなら」ということで、週2回コースで参加してくれた子もいました。

そんなみんなに、楽しんでほしくてしょうがなかったサマースクール。

みんな楽しんでくれたかな? 私はとても楽しませてもらいましたが・・・。

ありがとうね、みんな!  

|

追い込み

ところで子供たちは宿題終わったのだろうか。

終わってなくて、今から必死に・・・なんて子もいるかな。

困った時は・・・困りなさい。じゃないとまた来年同じ思いをするからね。

・・・でも、なぜか毎年困るんだよね・・・。

|

順調

サマースクール、月曜日コース終了。

子供たちが順調な仕上がりを・・・。今年のサマースクールは伸びまくったぞ、子供たち。

自分のチームでも活躍してくれい!  

|

ウホホー

U-12クラスで流行った声。何故・・・? 

子供たちの「ウホホー」からスタートしたゲームも、好プレーが多くなり、見ている私が「ほほう」と唸るゲームになりました。

伸びたね、やったね!  

|

あっつー!  

今日は3年生のゲームは熱かったですね~。でもすがすがしさもあって。

楽しかったですよ、見てて。

なんか、“夏のプレーはこう!”っていう感じのプレーでしたね。

熱いけどすがすがしい←暑くてジトジトの気候とは正反対。子供すごし!  

|

宿題

たまに、子供たちに夏休みの宿題の進み具合を聞いています。

今日も聞くと、「まだ自由研究が終わってない」という子が。「まだまったくやっていない」そうです。

間に合うか? 頑張れ頑張れ!  

|

返事が?!  

昨日のU-6クラス。

出席確認の時に、子供たちの名前を呼ぶと、

コーチ:「○○君」

子供:「はい」

コーチ:「○○君」

子供:「はい」

 ・・・当たり前のような出席確認の風景なのですが・・・全ての子が、「はい」と普通に答えることは、めったになかった・・・というか、全くなかった(?)のですが・・・。

今までは、「はい!」の代わりに「だい!」と答えたり、「ばぁ!」と答えたり・・・。

当たり前の風景なのに、なんか不思議。

・・・まぁ、こんな日があってもいいんですけどね。

|

歌鳥

歌鳥・・・いや、歌ドリ・・・。

歌いながらドリブルする子、会話しながらドリブルする子、本当に多いんですよね、ソラ。

今日のU-9クラスの練習でも歌ドリ。でも、でも、目を見たらなかなかいい目をしているんですよね。(→→キラキラ)

話しながらドリブルしている子は、話しながらも手、足、体をうまく使って、ちゃんとボールを相手から守っているし。

いやぁ、なかなか。

|

魔法の言葉

子供にかける言葉・・・昨日、ある方から、「今度合宿があるので、子供に魔法の言葉を・・・」とお話し頂きました。

「よ~し、おまかせあれ!」と思ってゲーム中のプレーを見ると、「あらら、魔法の言葉なんかきっといらないぞ」というほど元気にプレー。ガッツもあるし、実際にかな~り上手になってるし・・・。

“出番ナシ”ということで、嬉しいような悲しいような・・・でもやっぱり嬉しいですね。

ちょっと子供と話しましたが、子供の言葉から、お母さんが、「言い過ぎず、でも言うべきことは言って、必要な(適当な)元気づけ方をしている」という感じがよく伝わってきました。

も~う、お母さんが先に魔法かけちゃったってことですね。さすがさすが。

|

夏バテ

一年中、ずっと元気でいるっていうのはなかなか難しく、私の場合は1、2回、体調を崩します。(→→人間らしいでしょ?)

でも、ラッキーなことに、体調を崩すのは「スクールのない時」と決まっています。

今年もそう。サマースクールは来週からまた始まります。1,2週目も大切ですが、3,4週目は仕上げもあるので、より大切です。ここで休むことはできないので、きっと体もそのあたりのことをわかっているのでしょう。故に、スクールの中休みに体調が崩れたのだと思います。さすが我が体!  (本当は崩さない方が立派!)

さて、数日ぐったりし、ちょこちょこと仕事に復帰。

さっき、気分転換に、数年前にチームを教えていた時の子供たちのビデオを見ました。

子供達は元気かな? 親御さんは元気かな? 今日、そのビデオを送ってくれた父からメールが届いたけれど、他の皆さんもお元気ですか? 

|

サマースクール2週目

1週目がどうも順調すぎるなと思ったら、やっぱり2週目は「らしく」なりました。やっぱりこうでないと。

火曜日は、U-6クラスの子が、ゲームの時に、(チーム分けで使用するビブスが)「どうしても黄色の7番が着たい」と。「黄色の7番じゃないとやらない」と。「7番はないの」というと、「じゃあオレンジじゃなきゃやらない」と。こうしたお願いを聞いてあげることもありますが、聞いてあげられない時もあります。・・・途中、何で7番がいいのか聞いたりしましたが、やはりこの時は(詳しく話すと長くなるので詳細はカット)お願いを聞いてあげられないケースに該当。

・・・ということで、私が「ダメだよ。この黄色のじゃないとゲームできないからね」と言うと、「ヤダ、エーン」と泣いてしまいました。(→→というより、7番をあげれば泣かなかったと思うので私が泣かしたようなもんですけどね。)

私達が子供を見れるのはグランドの中。その中だけ楽しくさせることもいいことではあると思いますが・・・でも、子供たちが過ごす時間は、グランド外で、他の友達と遊ぶ時間の方が圧倒的に多いんですよね。

そこでもちゃんと楽しく過ごしてほしいなと思い、グランドでは子供に接しています。

・・・その3日後、今度は他の練習で、その子が「僕、オレンジの5番がいい」と言い出しました。

「ううん、ダメだよ。4番じゃないとね、みんなで遊べなくなっちゃうの」と言うと、泣きそうになりながらも4番のところに戻って行きました。

「お家で泣いちゃうもん」と、泣きそうな顔で言っているので、今回5番になったことを後で悔しくてお家で泣くのかなと思い話を聞くと、「お家では、すぐに泣いちゃうもん」と。どうやら今回のことは我慢できそうです。

まだ小さいから、お家でもお外でも、こうして泣いちゃうこともあるのでしょう。でも、お母さんが前の「7番」の時も子供に話をしてくれていたし、そのお陰で今回は泣かなかったし、少しずつお兄ちゃんになってます。

「お兄ちゃんになったね」と言うと嬉しそうにしてました。

こういう成長、嬉しいんですよね。

|

道端

どこからともなく子供の歌声。
一緒に歌ってるのは 友達かな?  兄弟かな? 
一緒に歌う、一緒にいるだけで楽しいんだよね

|

歌ってすごいと思う。言葉だけでもすごいのに、音楽だけでもすごいのに。両方なんだから当前か。
言葉がすごいのは、「言葉×心」として言葉があるから。音楽も、きっと「音楽×心」としてあるから。
・・・だと思うのですが、いかがでしょう。「×(かける)心」の部分が大切なんですね。

|

ハート

今日も暑かったですね・・・。夏なので、スクールは開始が4時過ぎ。終わる時間が遅すぎるのも良くないので、1日当たりの開催時間は短くなってしまいます。

クラス数も減ってしまい、皆さんに申し訳ないのですが・・・でも、ここ数日の暑さを考えると、一人一人を伸ばすために存在するスクールとしては、やっぱりこの時間帯しかないかな・・・と。

そんな今日、ゲーム中のある子の背中に汗の後が・・・「ハート」型に!  

ハートが大きくなり・・・まるで翼になりそうな、ハート型。他の子も「本当だ!」とちょっと尊敬の眼差し。(→→さすが子供。)

子供の背中に翼・・・かっこいい。

|

ぴったり

虫取りアミ、麦わら帽子、サンダル・・・いつの時代でも子供の夏にピッタリ。
おまつり、金魚すくい、ワタあめ、カキ氷・・・これまた子供にピッタリ。
おーい、子供たち、からだ中にピッタリなもの、たーっくさんくっつけて来いよ~。

|

熱!  

今日はU-12クラスは熱かったですね。普段は優し~い顔してる子も、バチバチ火花散らしてました~。

もちろん、楽しむべきメニューの時は楽しんで。なかなか良かったですね。

やっぱり、相手に自分の存在を伝えないと。「俺はやるぞ」って。それも仲間の始まりの一つです。

|

探検隊

今日、スクール開始前、目を閉じて精神を集中していると、佐藤コーチの「あれ!」という声。

「ん?」と目を開けると、[兄弟2人+母]の自転車3人組が登場。

話を聞くと、鉄塔探しをしていて、コートの近くまできたので寄ってくれたらしいです。

1年生の子が今、鉄塔に興味あるらしく。

お母さん、お疲れ様でございます。でも、こんな1日、子供にとっては素敵だと思いますよ。

|

初!  

今日は、初めて会う子がたくさんいましたね。

いいんじゃないですか、みーんな!  

色んな子がいましたよ。一人一人違う感じがいいですね。

楽しい夏になりそうです!  

|

ガチャガチャ(ガチャポン?)

子供の頃、ガチャガチャ(今はガチャポンって言うんですか?)、皆さんやりましたよね、きっと。

ケースが透明で、「あ、次はあれがきっと出るぞ!」と思って、お金を入れてガチャガチャ・・・出てきたものを見て呆然・・・なんてこともありませんでした? (腹立ちますよね。そんな時はガチャガチャが憎くて憎くて・・・。)

さて、一昨日、ゲーム前に(ビブスを配るために)私がビブスを投げようとしていると、ある子が「ハイ、ハイ、ハーイ!   欲しい。それちょうだい。絶対ちょうだい!」と。(→→注:ビブス・・・チーム分けで使う色付きのものです。)

「はは~ん、コイツは10番が好きなんだよな。ということは今、俺が手に持ってるのは10番なんだな・・・。でも今渡したらつまらないから、このビブスを渡すのは次の次あたりにして、偶然10番になったようにしてやろう。その方が驚くだろうし、嬉しさも倍増だろう」と思い、「好きなビブスなんてもらえねーよ」と言いながらも心の中では「でもちゃんと後で渡すよ~ん。俺ってニクイ奴!」な~んて。

ちゃんと10番のビブスはさり気な~く持ち替えて取っておき、数人に配った後に、その子に偶然(計画通り)渡したのでした。

そして、「はい、みんな、早くビブス着て」と言い、その子を見ると

ジャーン 「3番」。 アレ!? ・・・その子は“ドンヨ~リ”。

 「エッ!」・・・あ、渡し間違えた・・・手元すべった?? ? 

・・・「ごめ~ん」と心で謝りつつも、「でも渡したかった色は合ってるし、俺じゃなくてお前が見間違えたんじゃないの?」と心の中で自分を正当化。(→→卑怯な私・・・。)

子供の頃に憎んだガチャガチャに、自分がなってしまったのでした。(→→本当にニクイ奴になってしまった・・・。)

|

夏休み

暑くなりましたね。セミが鳴いてます。空は青く・・・夏ですね。
子供は、子供にしか過ごせない夏を、しっかり過ごして。
追いかけろ追いかけろ、虫を!   ボールを!   夢を!  

|

ゆるみ

昨日、U-6クラスの開始前のこと。他の子は走ったり、ボールを蹴ったりしている中、ある子がしゃがんで下を向きながら何かをしています。砂をいじってるのかな。一人の世界を楽しんでます。仲のいい子がまだ到着してないからかな? 

そこへ、仲良し君登場。コートへ向かって歩いてくる姿が。お母さんが、「○○君が来たよ~」と声をかけると、下を向いていた顔を一瞬上げ、友達が来たことを確認。なのにまたすぐ下を向き、砂いじりの続き。おいおい、ノーリアクションか? と思った次の瞬間・・・、見逃しませんでしたよ~。友達を確認直後、顔を下にさげながら口元がフニッとゆるみ、目元もフニャッとゆるんだのを。安心したようで。なんともいえない表情でした。かわいかったですよ~。

|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »