« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

ついてる? 

スクールのある時は、昼食はいつも車内です。

ドライブスルーもよく使います。ハンバーガー。でも気をつけないと・・・

Kecha1 ←こうなります。(→→うっ、ケチャップがたれた・・・) 

“ガーン”

あ!  でもちょうどシートベルトの上に落ちてるじゃん!!!!  

うぉー、ラッキー。ツイてる~!  

しかもギリギリじゃん。

な~んて、ホッとしてふと上を見ると

Kecha2 あ、あ~・・・・あ・・・ズボンに・・・。

やっぱりな~。あ~、ツイてない。(→→ある意味付いてる・・・。)

喜びもつかの間。視野が狭かった・・・。

くそ~。

皆さんもお気をつけを。

|

大人に!  

今日のスクール。1年生の子が練習後・・・・・・・

「歯が抜けた!」・・・・・・

そう言えば、前もスクールの時に抜けたような・・・。

ニコニコしながら歯を見せてくれました。

色んな意味で大人になれる場なのです。

|

水たまり

水たまりを飛ぶ-飛べた。もっと大きいのを飛ぼう-飛べた!  

もっと大きいのを・・・落ちた。でも、「もう飛びたくない」とは思わない。
子供たちが、何度も飛べるサッカーを。何度も飛びたくなるようなサッカーを。

|

元気そうだね

Letterfr 引っ越した子から、昨日手紙が届きました。

新しい学校にも慣れてきた様子。

普段の過ごし方などが書かれていました。

家のそばには小さな川があるそうで、よく釣りをするとのこと。

でも、まだ釣れたことはないようです。サッカーみたいに思うようにはいかないようです。

いつ釣れるかな?  報告、待ってま~す!  

|

通信56おまけ 「声」

よく、「声が出ない」ということで、ご相談いただくことがありますが、「声が出ない子に対して、みんなの前で“声を出すように”と注意をしても、出せなくなるのが普通です」という話をしています。注目されるのが恥ずかしい場合も、まだ失敗を恐れている段階でも、責任感が強い場合でも、他にも様々な理由から、こうなるケースが多いのです。なので、その原因を確かめてから、みんなの前で注意をするような感じではなく、声が出せるようにもっていくのが普通です。(→→もちろん他にも方法は色々ありますが。)
・・・・・・が、4月に入ってからまだ10日しか経っていない段階で、私はこの、“みんなの前で「声を出せ」”という注意の仕方を、U-12クラスの2人の子にしています。
以前、この子達が声を出せなかった頃は、一般的な働きかけをし、声が出るようになりました。が、今回はその時とは違い、“みんなの前で”「声を出せ」というやり方です。
4月からクラスのメンバーが変わったので、これまでのように自然に声を出すことができなかったのでしょう。おそらく、そのクラスに馴染んでくれば、放っておいても声が出るようになるのでしょうが、その前に、(既にその子達はその高さの壁は乗り越えているので)今度は自分で(壁を)乗り越えさせないと。馴染んでから声が出るんじゃ、前に、まず馴染むように働きかけた後の状況と同じになってしまいます。冷たいようですが、すでに「声を出す力」のある子に対して、また前のようなやり方で声を出させるのでは、その部分での成長はまだまだということです。誰かが状況を整えないとできないのでは、まだ本当の力ではありません。ですから、今度は自分で「挑戦して」その力(ここでは声を出す)を出して欲しかったのです。それができた時に初めて、その(声を出す)力がついた、その部分は成長したと言えるのだと私は思います。(→→もちろん、この2人はそれくらいのことを乗り越えられると確信しているからこそ、このような働きかけができるのですが。これで成長しなかったら、当然、責任は(彼らの成長段階を読み違えた)私にあります。)
6年生の子は、特に厳しい状況にしました。厳しく働きかけた後に出た声は、たった2回。しかも小さめの声。この2回の声をどう評価するのか。

|

通信56おまけ「表情・手の先・足の指先・体の動き・・・」

・・・などから、子供の様子を判断します。「こいつは今、やろうとしているな」とか、「ちょっと様子がおかしいぞ」とか。一目見ただけでは違う(例えばマイナス的な)捉え方をしてしまうことでも、そういう部分を見ると、全く別の見方・評価(プラス的な)になることもあります。
さて、ちょっと話がかわりますが、「スピードを出したボールを止めようとする」「できるだけすぐに追いついてボールを止めようとする」という気持ちの時に出やすい動きがあります。
実際にボールが速いかどうかではなく、また、実際に追いつくのがすぐかどうかではなく、“本人”がそのボールのことを(速いかどうか)どう捉えているか、“本人”がそのボールにすぐに追いつこうとしているかどうかという、心理的な部分が(大きく影響して)生み出す動きがあります。(→→文字だと説明しにくいのでどんな動きかは説明しませんが、そういう動きがあることをちょっと覚えておいて下さいね。後の文章で出てくるので。)

さてさて、第2週目にあった一コマです。
U-12クラスでは、ドリブルのスピードを変える練習をちょっとしました。
「ゆっくりの状態から急に速くする」という内容です。練習ではこれを2回続けさせました。
2回続けると
①ゆっくりドリブルして  (1回目の“ゆっくり”の状態)
②急に速くする      (1回目の“速くする”の状態)
③また一度(止めるくらいに)スピードを落とす (1回目と2回目のつなぎ部分)
④ゆっくりドリブルして  (2回目の“ゆっくり”の状態)
⑤急に速くする      (2回目の“速くする”の状態)
・・・という感じになります。これは意外に難しいんです。
特に、③の「1回目と2回目のつなぎの部分」が難しいんです。
②の部分で速くしすぎると、③の部分で十分にスピードを落とせず、2回目の「ゆっくりから急に速く」ができないのです。
失敗なんか気にせずに②の部分をすごく速くやる子もいますし、2回目のことを考えて、(失敗しないように)②の部分であまりスピードを上げない子もいます。両方大事なことです。うまくなろうという思いは同じでも、現象が全く逆のことがあります。(→→伸びるように、失敗をしながら上手になるように、様々な働きかけ(見方)をしていきます。)
また、4年生から6年生までいます。本人は「速く」やっているつもりでも、外から見ると(一般的には)6年生の速さに比べれば4年生はゆっくりに見えます。また、ずっとサッカーをやっていて、スムーズにドリブルをしている子に比べれば、比較的経験が浅く、まだ思うようにドリブルで進むことができない子は、ボールをコントロールすることに気持ちが行く(集中する)ので、スピードが落ち、ゆっくりに見えることもあります。
ここで(見る側が)注意しなければいけないのは、これらの「ゆっくりに見える」ということには、本人の努力や気持ちの部分が関係していないということです。ただ、物理的にそう見えるというだけです。本人が、「ゆっくりの状態から、急に速くするぞ」と思ってやっていれば、「速い部分」がゆっくりに見えていても、全く問題ないのです。そういう気持ちでやっていれば、絶対に上手になりますから。
・・・さて、その練習時。様子を見ていると、速くする部分のドリブルでも、周囲の子に比べると、動きがちょっとゆっくりに見える子がいました。
でも、その子の様子をよく見ると、③の部分(1回目と2回目のつなぎ部分)で、前述の「スピードを出したボールを止めようとする時によく出る動き」「できるだけすぐにボールに追いついて止めようとする時によく出る動き」をしています。
このことからわかるのは、本人としては②の部分(速くする部分)ではスピードを出そうとしているということ、2回目の「ゆっくりから速く」も、ちゃんとやろうとしている(しかも、できるだけ早く2回目の④⑤もやろうとしている)ということです。ですから、③の部分であの止め方になるんです。ちゃ~んと、「やろうとしている」じゃないですか。
他の練習でもそうでした。同じように、ふとした行動、しぐさから、「やろうとしている」ことがよくわかりました。
例えば、その日の最初のボールタッチ(足の色んな部分でボールを触る)の練習でも、「やり方を守ろうとして」取り組んでいるために、歩くくらいの速さの時もありました。しかし、そばで見るとゆっくりでも決して気を抜いているわけではなく、一回一回、例えば「足の外側だけでボールを触れ」という時には、右足・左足を丁寧に、しっかりと動かしていました。
ただ、さすがに子供。いつもいつも「超集中」とはいかないのが自然です。当然、話を聞いていないことが原因で、やり方を間違うこともありました。が、それはそれで注意すべきことで、「このメニューをやろう」という時の彼の頑張りは、見ていても気持ちの良いものでした。(→→もちろん、話を聞いていないことは注意しますが。)
前にもちょっとお話しましたが、「今(技術レベルが)どうか」ということではなく、こういう、一人一人の「その子に合った成長」が大切な時なんです。
まだサッカーを初めて数ヶ月の子。大変だったかもしれませんが、子供らしく取り組む子が上手にならないような練習は一切考えていないので、(しつこいですが)この子は間違いなく上達します。本当によく頑張っていました。

|

備えあれば・・・油断する

私はよく失敗をします。携帯を手に取ろうとして落とす(これはよくありますよね)、ポケットに入れた財布が、何度も座り直している間にポケットから落ちている(これはたまにありますね)・・・なんて失敗も。車で移動しているので、降り際に携帯や財布が落ちることもあります。

なので、私は財布、携帯に長~いヒモをつけています。そしてそのヒモをズボンにくくり付けてます。これなら、携帯や財布がポケットから落ちかけていても、安心。落ちた次の瞬間、財布も携帯も「バンジージャンプ成功」なのです。(→→パチパチパチ)

前も、車から降りようとすると携帯がポケットから出ていましたが、携帯が地面に落ちるはずないので、ドアを強気にバタン。(→→心の中で「落ちてな~い」と言いながら。)

はい、携帯は落ちませんでした~。何故なら勢いよく締めたドアに挟まってるから・・・。液晶にヒビが・・・。ということで、携帯が今のものになっているのです。

備えあれば・・・私の場合は油断が生まれる・・・なので備え+油断禁物状態で行かねば・・・。備える気持ち、注意する気持ちが大前提ですよね・・・。

でも、ふとした瞬間に油断は生まれる。例えば気を抜く瞬間に・・・。

あるグランドに行った時、ポケットに財布を入れコンビニへ。ヒモはつけれませんが、ポケットに手も突っ込み安心。さて、コンビニ着。お昼ごはんを買おう、の前にトイレを借り、気を抜いた瞬間、財布がダイブ(勇気ある財布でしょう・・・さすが我が財布)。

油断禁物・・・。

|

お昼ごはんの失敗

今はよく車で移動しているので、昼食は車の中で食べてしまいます。ドライブスルーで買ったり、お店でパッと買ったり。とにかく短時間で選んじゃいます。ちなみに選ぶものは「安くていっぱい」が基準です。

昨日は、おにぎりとおかずを買い、車内で食べました。

おにぎりを食べ、おかずおかず・・・一口入れて動きが止まりました。

え?  おかずの中にお米が入ってる・・・。

ごはん>味付きのお米>ごはん>味つきのお米・・・。車内で一人、どんよりしてました。

パッと見は全然違うのに質は同じ・・・。コーチングの時にはこんなことも見抜けないといけません。子供によっては「パッと見違う行動」でも含まれている質・内容は同じものということがよくあります。それを見誤って働きかけるとうまくいきません。

これからも注意せねば・・・。

|

NEW ソラT!  

早速着てきたヤツがいるぞ、ニュー・ソラT!  

なかなかいいじゃん。似合ってる似合ってる。「デザインは誰が?」と聞かれましたが、あのデザイナーですよ~。口元にほくろがあって、髪がモジャモジャで・・・

いかがでしょう、ニュー・ソラT・・・

|

歯が

抜けた子が今日はいました。2年生になった子です。

意外に、スクール中に抜ける子、いるんですよね。

あ、ぶつかって抜けるとかじゃなく、自然に抜けるんですよ、もちろん。

抜けた後の笑顔は何ともかわいいんですよね。そう、子供にとってはニュースニュース。

子供のニュースって、大人が聞くと可愛いことばかりですよね。たくさんの小さな出来事を、いっぱい感じていってほしいですね。

|

遊び

今日、3年生の子が「遊びに来る前に・・・」と話しかけてきました。

「遊び」とはソラでの練習のことのようです。まだ小さいうちは、「遊び」と感じてもらえたら、とても嬉しいですね。もちろん、伸びるように計画を立てて練習していますが、伸び伸び、楽しみながら上達してほしいので。

今日は、そんな一言が聞けて、嬉しかったです。

|

ソラT“第2弾”

2007年度版・ソラT配布案内

すみませ~ん!   いきなりTシャツ入れちゃいました!  (という案内でメッシュケースにてお配りしたんです。ソラTを・・・)

ビックリしました? 連絡ケースを開けたら「なんじゃこりゃ!」って感じですよね。本当にすみません。普通、こんな渡し方しませんよね ・ ・ ・ 。(→→もう慣れました?  こんなソラ。)でも、パンパンの連絡ケースもなかなか面白いもので(なんかワクワクしません?) ・ ・ ・ 許して下さい。さて、昨年好評だったソラTの第2弾です。今回は、緑色の生地に黄色の文字です・・・「えっ? ウチの違う」って思った方、ご安心下さい。・・・に、しようと思ったのですが、色々とありまして、また青×白になりました。もう少しでTシャツの似合う季節です。どうぞご利用下さい。どうも着る気(着させる気)がしないという方は、例えば、「無駄な時間を使った気がする。クソ~」という時に、気持ちの落ち着く青いソラTをどうぞ。他にも、「何? 今日のラッキーアイテムはSとOとLとAの文字が入ったTシャツ?」という時にソラTを。「青いシャツ着てないと、うまくバナナの皮が向けないんだよなぁ」という時にソラTを。・ ・ ・ はい、つまり着れる時、“ない”ですね。しかし、そんなものを配るわけがなく、なんと、ソラTは ・ ・ ・「ほら、もう出かけるよ。あれ、まだ着替えてないの、もう。そのへんにあるものでいいから早く着なさい」という時にサッと着れる優れものなんです!  (自分で言ってて寂しくなってきたのでこの辺で。) ・ ・ ・ お好きな時に、お好きなように使って頂ければと思います。

 * * * * * * * * * * *

前回の配布後、長袖のTシャツ、ウィンドブレーカー、大人用・・・などなど、ソラのオリジナルウェアが(例えば希望者のみに販売という形でもいいので)欲しいというお声も頂きましたが、今回はまたTシャツ配布にしてみました。皆さんもご要望がありましたらお気軽にどうぞ。(→→お応えできるかはわかりませんが、しっかり頭には入れておきます。)

 * * * * * * * * * * *

【Tシャツ取扱上のご注意】(製造元より)

・ドライクリーニングはできません。

・プリント部分に直接アイロンを掛けないで下さい。

・乾燥機は使用しないで下さい。   

・洗濯後は衿を引っ張らずに形を整えてから干して下さい。

【Tシャツ取扱上のお願い】(配布元より)

・カッコよく見えない場合は、「カッコイイ」と心の中で10回言って下さい。

(だんだんその気になってきます。)

・サイズが「ぴったりすぎる」、或いは「少し大きい」と子供が言う場合は、「何言ってんの、Tシャツはこれぐらいがちょうどいいのよ」と言い聞かせて下さい。

以上の説明を読み、時間を無駄にしてしまったと思われた方、ほら、こんな時に・・・。よろしくどうぞ!  

|

嬉しい!  

これまでに、何人かのコーチと組んでグランドに立ってきました。中には、コーチを続けてほしい(と私が思う)人でも、辞めてしまう人もいます。

7~8年前、やっぱりそういう子がいて(←年下なので“子”扱いです)、私のそばから離れて一年後、その子がコーチを辞めてしまった時はショックでした。

器用さとかはなかったですけど、まっすぐさがあって、きっといいコーチになれるだろうと思っていたので。相談もされず、いつの間にか決心していて、そんな(相談もされないような)関係にしかなれていなかったのかと、悔しかったですね。

そんな彼とももう離れてかなり時間が経ち、今では立派な父親になっているようです。

その子(それでも“子”扱い)の様子が気になり、メールをすると、電話がかかってきました。

仕事は忙しいようですが、元気なようです。良かった。

ソラのHPもたまに見てくれているようで、「暖かい気持ちになる」と言ってくれました。昔の仲間、同じ気持ちを持っていた数少ない仲間にそう言ってもらえるのは本当に嬉しく、またまたやる気が沸いてきたのでした。

遠い沖縄の地で、頑張ってくれ!  

|

自由気まま

U-9の練習時、サークルの中を自由にドリブルで動き回るような練習をしていると、3年生の子が寄ってきて、「コーチって“ですよ”に似てるね」と言い、(たぶん似てないと思うんですけど)そんなフリを受け放っておくわけはなく、「“ですよ”になんて、似てないですYO!」と言うと、その子はすでに遠くへ行っていました。(→→おいこら、ずるいぞ。振ったのお前だろ。一人にしないでくれー。あ”ー、恥ずかしい。な~んて心の中のひとり言。)

でた、子供特有の自由気まま攻撃・・・。

|

男らしく

先ほどまでテレビで男らしい戦いが繰り広げられていました。その横で、私も負けじと、男らしく・・・お裁縫。(→→どこが!)

トレーニングウェアの穴がひどすぎるので。とりあえず、生地自体がか~なり痛んでいるので、もうもたないんですよね、基本的に。

ですが最後にあと一破けするまでは、はいてもいいかなと。(→→意外にまだ使えるかもしれないし。)

思いついたらやってしまおうということで始めたら、まさにテレビはクライマックス。それを横目にチマチマ・・・。しかし、やっぱり面倒くさいので、「超テキトーにでいいや」と男らしく即決。そしてテキトーなものが仕上がったのでした。

ま、もう破れたら破れたで。

あ、メニューは適当にしたことないですから、念のため。ご安心下さい。

|

新年度②

肩こりがー!   目が痛いー!  

考えて考えて考えてスタートした新年度の練習。この肩こり&目の痛みを無駄にしてなるものか。全てグランドで晴らしますよ~。

|

新年度①

昨日、新6年生の子がコートに入ってからずっとモゾモゾしてました。どうやら知っている顔が見えないのが心細いよう。

そこへ一人知っている顔が登場。も~う、喜ぶ喜ぶ。安堵の表情。(→→ここは外国か?)

そしてスクールが始まると他の知っている顔が登場。ここでようやくリラックス。

口が動き出した。ボールタッチをしている間も、ついこの前卒業した子の名を出し、(その子もよく同学年の子がいない状態で練習することが多かったので)「今○○君の気持ちがわかったよ~」と、ず~っとブツブツ話せる友達に言ってました。よほど心細かったのね~。

冗談ばかり言う子なのにね~。

|

NEW ソラT!  

たった今、確認用の1枚が届きました。(→→いいぞ・いいぞ)

全て揃うのは今週末から来週にかけて。

早ければ来週から配り始められそうです!  

気になるデザインは こちら・・・な~んてクリックできずぅ(失礼)

配った時のお楽しみに!  (しまった!  自分でハードルを上げてしまった・・・。)

|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »