« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

通信50おまけ 「お礼」

もうすぐ、今年の練習が終わります。
今年もここまで大きなケガや事故等なく、スクールを開催することができました。
これも、日頃から(本当に)色々とご協力頂いている皆さんのお陰です。
残りわずかですが、最後まで気を引き締め、子供たちが安全にサッカーを楽しみ、楽しく新年を迎えられるよう努力したいと思います。
皆さん、今年も一年間、ありがとうございました。
・・・「ありがとうございました」・・・普通のお礼のようですが、私にとっては、こうして今年も楽しくスクールを開催でき、無事に一年を終えることができることは、本当に「ありがとうございました」なんです。

私は、(図々しくも)私なりに子供たちを守っているつもりでスクールをやっています。
本当に図々しいですよね。それに、“つもり”であってはいけませんね。ただ、私自身は「守っている」と思っていても、「実際にどうか」というのは皆さんにご判断いただくところですので、こんなに図々しい私ですが、普段、子供たちを守っている皆さんに対しては、そこはさすがに“つもり”と書かせて頂きます。

1回の練習が終わり、次にグランドに立つまでの間 - その短い間に、色んなことが起きています。社会でも、グランドの中でも - 嬉しいことも、そうでないことも。
起きていることの一つ一つに過剰に反応するようなつもりはありません。しかし、それでも、子供たちが被害者になったり、加害者になったりという出来事を見ていると、「こういうことは伝えた方がいいのではないだろうか」ということが、自然に心にたまります。
もちろん、独りよがりの考えでは良くないですし、子供達はサッカーを楽しみに来ているので、サッカーの楽しさとかけ離れているようなことは伝えません。内面の部分ですから、自分自身に問いかけ、佐藤(コーチ)ともよく話をし、私の自己満足にならないように注意もしています。サッカーの上達を妨げるようなことはしませんし、むしろ、上手にすることは大前提です。
そして、そのようにして出した自分の考え、思いを、私はグランドで表現するようにしています。自然に出てしまっている、と言った方がいいかもしれませんが。
ですから、時には「何でそんな言い方をするのだろう」・・・もしかしたら、見ている方がそう思ってもおかしくないような激しい言い方をすることもあるかと思います。(→→“時には”どころじゃないような気も・・・。)
たくさんの保護者の方が子供を送り迎えして下さり、練習をそばで見て下さっていますが、その前でも、自分自身を出すようにしています。
こんな言い方をすると偉そうに思われるかもしれませんが、“良い評判”や“良い評価”が欲しくてコーチをしているのではありません。もちろん、会員の保護者の方に満足して頂けることは大変に嬉しく、皆さんに喜んで頂いて、その結果として「良い評判や評価」を頂けるということになれば、それは本当に光栄なことだと思っています。
信頼してくれる方がいるのなら、その方の信頼を裏切らぬよう、精一杯の努力をします。

―が、“良い評判・評価”を得ることが目的なのではありません。
ですから、誰かに見られているから態度を変えるというようなことなどはしません。
上辺だけキレイに整えるだけじゃ伝えられない、そんなことがあるので、こんな風になっています。また、スクールに来ることができない方もいるかと思いますので、通信の「おまけ」などを通じて、日頃のスクールの様子をお伝えするようにしています。私の普段使っている言葉、行動が少しでも正確に伝わり、ソラというスクールがどんなスクールなのかをよく知って頂くためです。
ご入会頂いた際や、通信のたびに、「何か気になることがあればご連絡を」とお話していますが、こういった案内をさせて頂いているのも、私が自分を出すことに対する責任からです。
少しの時間とはいえ、大切な子供を預かっているんです。
その中で、コーチという立場であるとはいえ、自分を出しているんです。子供に対して自分を出したことの責任が、きちんと自分に跳ね返るようにするのは当然です。子供が感じたこと、保護者の方が感じたことを受け入れる責任があります。
今までにも、たくさんの方からご質問、ご相談を頂き、これまでやってきました。
もちろん、まだまだ練習後に1日を振り返り、もっと良い言い方、方法があったのではないだろうかと反省をすることも少なくなく、そういう意味では、きっと皆さんにも迷惑をかけているのだろうと思っているのですが。
・・・申し訳なくも思いますが、それでも、私はこれからも今のように、色んなことを感じながら、表現しながらグランドに立っていきたいと思います。
挑戦しなければつかめないものがあります。
今までのように、お見苦しいところをたくさんお見せすることもあるでしょうが、ただ子供たちの成長を目標に、挑戦をしていきたいと思います。

・・・これがソラです。どう見ても、オシャレ~な、スマートなサッカースクールなんかには見えません。だから、それでもずっとここに来ている子、保護者の皆さんには、本当に、本当に、心から感謝しているんです。ありがとうございます。
(ついでに言わせて頂きますと、来年もこんなソラでいきます。よろしくお願いします。)
今年最後の通信で、しかも「おれい」なのに、やっぱり変な文章になってしまいましたね。
お許しを!  

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »