« 子供らときたら・・・② | トップページ | 手からは何も出ていません »

2012年3月 6日 (火)

「子供らときたら」の中の「エイヤー」の補足

(2012年3月通信No.123おまけより)

以前、子供たちの間に「エイヤー」があったことは書きましたが、その子たちの翌週の様子にはあまり触れなかったので、ここで、「エイヤー」の子たちの翌週のことを書いておきます。
さて、「エイヤー」のあった翌週、ゲーム時のチーム分けでは、「エイヤー」の子たちを最初は同じチームにしてみました。
チーム分けの際、この二人が同じチームだとわかったらどんな顔をするのかな、と思いましたが、二人ともあたり前の顔をしています。
そして、ゲームを行うと、まったく自然に、仲良く、すごくいいプレーをしているので、今度は違うチームにしてみました。
同じチームにした時と相手チームにした時とでは、見えることやわかることが違います。
相手チームでは、バチンと当たることもできますし、「この前、あんなこと(エイヤー)になったのはお前のせいだぞ」という気持ちをプレーに出しちゃうことがある可能性もありますが・・・そんなことはありませんでした。
しかし、それだけで「OK」かといえばそうではなく、遠慮をしすぎていたらもったいないわけで・・・。
だから、もう少し様子を見たのですが、「前はごめんなさい。今日は怒らせないように頑張ります」というようなおとなしさもなく(もし、そういう感じになってしまったなら、前にあったことを必要以上に大きく捉えすぎているかもしれないので、また違う話をする必要があります)、本当に自然に、一緒にサッカーを楽しみ、“ガツガツもあるけど、余計なものは一切ない”子供たちの等身大のサッカーで・・・すごく良かったですね。
これが子供の成長力というか、回復力というか、とにかくすごいところです。
この前のことは、本来の自分たちの意思とは違う部分で起きたことでもあったし、誤解も含まれていたので、その後、謝り合っていた時に、すでに二人とも照れていましたし。
この二人は、誤解でケンカが起きることや、周りに流されすぎて自分の意思とは違う行動をすると思わぬことが起きること、ケンカになっても仲直りができて、さらに仲が良くなれること等、色々なことを経験できて、良かったと思います(もちろん、そういう様子を見ることができる、まわりの子たちにも、このような、みんな順番でやりそうなことは、後で、良い効果をもたらします)。
・・・こんな感じで、「エイヤー」の後の二人は、すごくイイ感じだったのです。この前は、他の「プンプンボーイズ」のことを書いたブログを載せたので、その部分には触れませんでしたが・・・。
ところで、「何かをしでかすぞ」というにおいをプンプンさせていた他の子たちですが・・・ブログにも「コラコラ」と書いたように、エイヤーの翌週、この子たちにも怒ったのですが(毎度、こんな私ですみません)・・・プンプンボーイズは、その怒られた翌週には、ちゃんと「子供の世界」に戻って、ナイスボーイぶりを発揮していました。
とりあえず、特に私に怒られたプンプンの二人は、怒られた日の翌週、コートに来るなり、“ニヒヒ”と私を見つけ、ボールを当てに来ましたね(この前は口を「へ」の字にしていたくせに・・・これでいいのです)。
その後の練習でもゲームでも、“ナイス子供!”でありました。
けっこう大変なことを平気でやってくれるんですよ、子供たち。「子供の世界」に戻れば。
・・・エイヤーの子たちだけでなく、プンプンボーイズだけでなく、本当にたくさんの子たちが、自分たちで色んなものを出しあい、様々な経験をして、どんどん成長しています。同じように、私たちコーチも、ウォーッと怒ったり、ワハハと笑わったり、時には陰で涙も見せながら(ウソ)・・・本当にめいっぱい楽しませてもらい、また、成長させてもらっています。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中 TEL : 042-534-3766
★ソラ・HPに戻る→ http://www.sonoyosade.com
★ソラ的な日々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
★通信の「おまけ」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

|

« 子供らときたら・・・② | トップページ | 手からは何も出ていません »

子供の行動に隠れたもの」カテゴリの記事