« ある保護者の方の心配を解消します!  | トップページ | サッカーって遊びなの?  »

2010年10月16日 (土)

試合の翌日などに聞かれる会話

(2010年9月 通信No.101より)

誰かが、「あのチームにやっと勝った」(或いは負けた)というような話をした時に、それを聞いた子が、「え? あのチームすげー弱いよ。(他の○○君に声をかけて)なぁ○○、あのチーム弱いよな。俺達、試合した時に余裕で勝ったもんな」と大声で言ったり、自分たちの試合結果を話しながら、上の会話と同じような感じで、「あのチーム、弱いぜ。あの弱い××っていうチームにも○対○で負けたんだってよ」と大声で言ったり・・・こんなことがあります。
大声なので悪気はないのでしょう。
「子供だから」と片付けることもできますが、とても残念な気持ちになります(なので、そういう話を聞いた時には、子供たちには色々話すこともあります)。
これまでに色々お話ししてきましたし、今回も、試合に対して色んな取り組み方をしているチームがあることを説明しましたので、ここでは多く書きませんが、試合に勝っても、このように相手チームをバカにするようなことを平気で言えるようでは、試合に勝って得たものは何なのだろうかと思います。
努力することを正しく学んでいれば、頑張っていたヤツらをそんなバカにはできないでしょう? 
しかも、自分たちに負けた相手は「絶対に苦手な足だけでプレーしろ」という指示のもと試合をしていた可能性もあるので、相手チームの方が本当は強く、技術もある可能性があるのですが・・・。
試合に勝った後、嬉しい気持ちになるのはわかるのですが、相手チームの良さとかを教えてもらえないのかな? 相手チームがどんな努力をしていたかとか教えてもらえないのかな? 
自分たちが試合に勝った場合でも、相手チームの良さをちゃんと教えてもらった子は、その後さらに成長していきます。
こういうことは、子供だけでは難しい部分もあるかと思いますから、周囲にいる大人の存在とても重要です。皆さんの中には、現場に立つ人もいるでしょうし、試合を応援に行く方もいるでしょう。
子供たちはそんなことを言っているからと言って優しくないかと言えばそうではなく、みんな優しいです。努力をしないかと言えばそんなことはなく、努力もします。
こういう発言や行動は褒めることはできませんが、いいやつらです。
ですから、子供たちが「より」成長できる機会をなくさないためにも、皆さんに少しご協力頂けるとありがたいです。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中 TEL : 042-534-3766
★ソラ・HPに戻る→ http://www.sonoyosade.com
★ソラ的な日々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
★通信の「おまけ」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

|

« ある保護者の方の心配を解消します!  | トップページ | サッカーって遊びなの?  »

少年サッカーに思う」カテゴリの記事