« 基本・・・ | トップページ | ある大会を見ていて »

2010年9月26日 (日)

僕のかわりに

(2010年6月 通信No97より)

ある日のU-9クラスでのこと。
スクールで決められている約束を破り、「次は守る」と約束をしても破ってしまい、「絶対守る」も破った子に、そのすぐ後の練習は「するな」と言いました。
その子たちは、「ヤダ。絶対に約束を守るから」と言いましたが、やらせません。
だって、破られる約束はいつも同じ約束で、それはみんなのケガを守るための約束で、我慢しようと思えば我慢できることですから。「今度は絶対守る!」も、何度も何度も繰り返したら、ダメです。
それに、その注意をする前に、全員に「約束を守らなかったり、説明を聞いていなかったりすると、ケガをしてしまうことだってあるのだから、約束を破る子には練習をさせることはできないよ」と話してありましたから。
そのすぐ後に約束を破ったので。これまでに何度も注意をしてきたこともあり、「練習するな」です。
・・・ということで、2人は見学に。
すると、ある子が、私に「僕が休むから、あの2人を代わりにここに入れてあげて」と言ってきました。
冷酷な私は「それはできない」と言い、でも、「何でそう思う?」と聞くと、
「僕も、そういうことが前に1回あったから」と、その子は答えました。
その子の言う「1回」が、以前にルールを何度も破ったことがある「1回」なのか、以前に自分も同じように練習に参加できないことがあった「1回」なのか・・・どちらかはわかりませんが(どちらも可能性あるんですけど・・・)、ちょっと感心しました。
だからといって、見学の2人をすぐに戻すようなことはしませんが。ですが、本当に感心。
その子、よく私にそんなことを言いましたね。「自分も怒られるかも」と、きっと思ったと思いますが。
そういえば、この子もよく約束を破って注意されましたからね。
これまでの自分の経験から、その時の気持ちをちゃんと心で感じて、反省するとともに、強さと優しさを身につけてきているのでしょうね。そんな風に見えませんでしたが、なかなかやりますね。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中 TEL : 042-534-3766
★ソラ・HPに戻る→ http://www.sonoyosade.com
★ソラ的な日々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
★通信の「おまけ」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

|

« 基本・・・ | トップページ | ある大会を見ていて »

子供の行動に隠れたもの」カテゴリの記事