« 誤解 | トップページ | 一瞬・一回に詰まっているもの »

2010年9月26日 (日)

踏ん張りきった

(2010年2月 通信No.90より)

これまで、ちょっと勇気を出せず、今までなかなかパスをもらえなかった子。
この子が、この日はパスをしっかりもらい続けました。
ただ声を出すだけではなく(パスをもらおうと思っていなくても、「声を出す」行為はできることがありますが、そうではなく)本当に、友達からパスをもらおうと思って、声を出して。
これは、簡単なようで、難しいことなんです。特に、もともとそれができなかった子にとっては。
でも、いつかはできるようにならなくてはいけないこと。もちろん、先に自信を芽生えさせることが好ましいケースもあります。自信を得た結果、自然にできるようになることもありますから。が、今回のこの子のケースは、他にも理由があり、「挑戦」が必要なケースでした。
だって、毎回、色んな経験をしているのだから。頑張ってきた自分に対して、(適切な)自信を持てなくては、自分に対して失礼です。
それに、自分が頑張れない時に助けてくれた友達への「ありがとう」、子供ならではのストレートな声をかけてくれた友達に対する「僕だって!」・・・こういう気持ちは持たなくては。友達の声や気持ちには応えなくては。
・・・そう思っていたのですが、昨年の間では、なかなかそこまで行けなかったのです。行ける手前まで来ていたのですが、学校行事、天候、体調・・・タイミングがなかなか合わず、行けそうで、行けず。
そして、タイミング悪く冬休みになってしまったのです。1月からは、1月のテーマ、雰囲気があるのに・・・。
さて、年が明け、1月の1回目、2回目の練習…内容・雰囲気は、この子にはちょっと挑戦が必要なもの。
タイミング悪く、12月の練習を休むことの多かったこの子には、「ちょっとキツイ」テーマ、雰囲気・・・。
それはわかっていたんです。でも、この2回は、全体のことを考えても、この子のことを考えても、どうしても、これ(テーマ・雰囲気)でいく必要があり、そして、この中で達成感を感じさせる必要があったんです。
キツイけどあと少しだけ頑張れ、その先には・・・って思っていたんです。
そして、この子はその2回を見事に乗り超えたんですよね。ちゃんと、つかむものはつかんで。
そしてそして、3回目の練習。
練習を楽しそうにやるだけではなく、ゲームでもパスをもらえる。楽しい雰囲気の時も、ちょっとキツイ雰囲気の時も。自分でちゃんと存在する、これまでとは全然違うプレー。よくここまで来ましたね。
彼の挑戦 - 耐える、進む、両方の挑戦。本当によく頑張ったと思います。

=サッカースクール ソラ=
千葉市で開校中 TEL : 042-534-3766
★ソラ・HPに戻る→ http://www.sonoyosade.com
★ソラ的な日々 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/sola
★通信の「おまけ」 http://solasolasola.cocolog-nifty.com/omake

|

« 誤解 | トップページ | 一瞬・一回に詰まっているもの »

子供のプレーに詰まったもの」カテゴリの記事