« 伝えたいこと - 存在 | トップページ | モチベーション »

2010年9月23日 (木)

裏テーマ

(2006年4月 通信No.39より)

裏テーマ・・・今回は年度始めなので、ちょっとスクールのマル秘部分を含んだおまけをご紹介します・・・
年度末、ちょっと早めの時期に修了証を渡したのは、(最終週の練習中止なども考えられるので)通信でご説明したように「どうしても年度内に渡したかったため」なのです・・・が、実はもう一つ目的があったのです。修了証のコメントを読んだ上で最後の練習に参加してほしかったのです。コメントには、コーチからみた、その子の特徴や課題も書いています。新年度が始まってからでも課題への取り組みを見ることはできますが、特に課題を伝えたような子の場合は、年度内に同じ環境下で、どんなプレーをするのかを見たかったのです。・・・こんな表面上には出てこない、裏テーマがあったのでした。
―さて、ある子のプレーを紹介しましょう。
その子はドリブルがとても上手になっているのですが、ドリブル中に相手の足や体が自分に強く当たると、急激にプレーが崩れてしまいます。もちろん、“頭に来る”のが当たり前ですから、年代や本人の気持ちを考えればさほど気にすることでもないのですが、うまくなっているところなので、自分の上達を知るためにも、友達に「コイツうまくなった」と知ってもらうためにも、もうちょっと踏ん張れればと思っていました。そこで、修了証には、“一生懸命にはなるけれど小さいことは気にしないこと”、“相手の足が当たるぐらいは乗り越えてうまくなること”を、課題・目標として書きました。
さてさて、最終週のその子のプレーです。
ドリブルをしていると、ある子が体を当てディフェンスに来ました・・・→転びました。それまでの彼なら間違いなく立ち上がれないか、立ち上がったとしてもプレーが乱れ、やる気が空回り状態になるくらいの、相手選手の強い当たりです。ちなみに先週は同程度の当たりで、その後はプレーが乱れてしまいました。しかし、最終週のその時は、私が様子を見ようとそばに近寄ると“立ち上がった”んです! この変化はすごいことなんです。さらに、「大丈夫か?」と聞くと、ニコニコしながら「大丈夫!」と答え、男らしく(・・・・)「でも痛い」と付け加えました。正直で男らしいでしょ? 
確かに「痛そう」でしたからね。なんか、“素直さ”と“彼らしさ”と“成長”を感じられる答えでした。このぐらい乗り越えられる力があることを体も頭も覚えたかなと、ちょっと嬉しくなりました。そして、すぐに復帰。
その直後、同じ選手がまたボールを奪いに来ましたが、今度は奪いに来た相手選手の力(=体の押し)を利用して、とても自然にターンを決めました。“ニコニコだけど頑張ってるよ”モードの下、変に力みすぎず、テクニックが十分に発揮されていました。“また来たな(怒)、うぉりゃーっ”という感じで体を当てにいくプレーでは、きっとこの時はバランスを崩していたでしょう。
よくぞ乗り越えた ― こういったことが自信につながれば、より自然にテクニックを発揮できるようになります。そしてさらに自信が深まり、乗り越えられる範囲も広がり、プレーもより良くなります。
あとはこれを長続きできるよう、“ちょっと思い出させ・思い出させ”でいくだけです。もちろんまた以前の状態に戻ることもあるかもしれませんが、今の段階で、このレベルのことは乗り越える力があることを確認できたのは、その子にとってもコーチにとっても収穫です。“裏テーマ”バンザイです。
さらにこの次の練習、ゲームでも、その子は友達との体の接触を乗り越えてプレーしていました。「すごい!」と感心して見ていました。順調、順調…というところでその子を泣かしたヤツがいるんです! 
あぁ、せっかくここまで前向きに頑張ってきたのにぃ。許せないでしょう、このタイミングで、ですよ! 
何というヤツでしょう。
・・・・・・こんにちは。許されないコーチです。はい、私がその子のモモにボールを思いきりぶつけてしまいました。パスをしようとしてミスキックを・・・。でも、考えようによっては、一つの試練を乗り越えたのでまた新たな試練を与えたというコーチの愛・・・じゃないですね。すみません。
でもこんな風に皆さんにお話できるのも、スクール後にその子がニコニコしながら私に話しかけて来てくれたからです。子供のこの切り替えの早さ、スッキリさ、大好きです。ありがとう! 
さて・・・実はスクールには様々なことにおいて、こんな“裏テーマ”があるのです。それも一つや二つではありません。スクール、クラス、グループ、ペア、個人に対して。そしてそれらを複雑に絡ませています。なので、一見うまくいっていない時でも「全然OK」のことも、逆に一見「OK」でもソラ的に「×」のこともあり、「何でそこで厳しいの?」や「何でそこで優しいの?」なんてこともある“?? ?”なスクールなのですが...。今年度も裏テーマ二重三重は当たり前のウラウラ攻撃でいきますよ~。

・・・偉そうに書いてますが、年度末のスクールでは自分自身かなり反省せねばならないことがいくつかありました。初心を忘れず、さらに改善・改善でいきたいと思います。よろしくお願いします。

|

« 伝えたいこと - 存在 | トップページ | モチベーション »

スクールの考え」カテゴリの記事